ITmedia NEWS > セキュリティ >
ニュース
» 2007年10月17日 08時45分 UPDATE

eBay狙った詐欺メールが激減 ユーザー啓発が奏功

eBayとPayPalからの通知を装い、ユーザーのアカウント情報を盗もうとする詐欺メールの割合が激減した。

[ITmedia]

 セキュリティ企業のSophosは10月16日、ネットオークション大手のeBayと、傘下の決済サービスPayPalを標的としたフィッシング詐欺メールが激減したと報告した。

 同社がまとめた9月の統計で、eBay/PayPalからの通知を装ったメールがフィッシング詐欺メール全体に占める割合は21%となり、1年前の85%から激減した。

画像 2006年9月〜2007年9月におけるeBay/PayPalを装う詐欺メールの占める割合(Sophosのリリースより)

 これは、eBayとPayPalがユーザーの啓発に力を入れたことも一因になっているとSophosは解説。サイト内にセキュリティページを設け、詐欺メールの見分け方や、被害に遭わないために注意すべき点などについてユーザーにアドバイスしていることが奏功したと分析している。

 eBayとPayPalが標的とされるケースが減った代わりに、小規模のクレジットカード会社やネット小売業者、米国外の業者など、狙われる企業の幅は広がっているという。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.