ITmedia NEWS > 企業・業界動向 >
ニュース
» 2007年10月19日 17時33分 公開

MicrosoftとDassault、Virtual Earth用の3D作成ソフトを配布

Google EarthとSketchUpに対抗するため、無償で公開された。

[ITmedia]

 米Microsoftと仏Dassault Systemesは10月18日、Virtual Earth -3DVIAのテクノロジープレビュー版を公開した。3DVIAは、Virtual Earth上に建築物を作成することができる3Dソフト。

3dvia

 ライバルである米Googleは、Google Earth用の3Dデータ作成を行うためのアプリケーションとして、無料版のSketchUpを配布しており、ユーザーが作成した建築物も広まっている。今回のMicrosoftとDassaultの取り組みはこれに対抗するもの。

 DassaultはCADソフトウェアのCATIAを開発・販売する、3Dソフトウェア市場におけるリーダー企業の1社。

 両社によると、3DVIAは家屋などの3Dモデルを簡単に作成でき、テクスチャや色などの外観も手軽に選択できる。Virtual Earthへのアップロードは、アプリケーション内から住所や近くの目印を指定して行うことができる。

 3DVIAはWindows XP以降に対応。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.