ITmedia NEWS > 企業・業界動向 >
ニュース
» 2007年12月07日 08時42分 公開

IBM、ASUSTeKを特許侵害で提訴

IBMの特許3件を侵害したとして、台湾ASUSTeKを米国際貿易委員会に提訴。特許侵害製品の米国への輸入禁止を求めている。

[ITmedia]

 米IBMは12月6日、同社の特許3件を侵害したとして、台湾ASUSTeKおよび同社米国子会社のASUS Computer Internationalを米国際貿易委員会(ITC)に提訴したと発表した。ITCに対し、特許を侵害しているASUSTeK製品の米国への輸入禁止命令を求めている。

 IBMによると、争点の特許はPCの電源やファン、コンピュータクラスタリング機能に関するもので、ASUSTeK製のノートPCやベアボーン(半完成状態で販売するコンピュータ)、サーバ、ルータやその他の部品に使用されているという。

 IBMは、問題の特許使用について、再三にわたりライセンス契約の締結を試みてきたという。IBMは、ASUSTeKはIBM特許技術のライセンスを取得しないのであれば、当該技術の使用を中止すべきだとしている。

関連キーワード

特許 | IBM | 提訴 | ASUS


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.