ITmedia NEWS > 科学・テクノロジー >
ニュース
» 2008年01月07日 17時06分 UPDATE

「かざして」大容量ファイルを転送 560Mbps「TransferJet」、ソニーが開発

ICカード機器のように、かざすことで大容量ファイルを転送する新技術「TransferJet」をソニーが開発。業界に広く採用を呼び掛ける。

[ITmedia]

 ソニーは1月7日、最大560Mbpsの近接無線転送技術「TransferJet」を開発したと発表した。ICカードのように、通信したい機器にかざすことでデータ転送を行う直感的なインタフェースを採用。撮影した写真・動画をPCやテレビに高速転送できる新技術として、業界に広く採用を呼び掛けていく。

 4.48GHz帯を使用する。物理層は最大560Mbpsに対応し、オーバーヘッドを考慮しても実効375Mbpsを達成したという。通信状況に応じて最適な転送レートを選ぶ機能も搭載した。

 通信距離は3センチ以内を想定。ICカード機器のように、通信したい機器同士を直接かざすことで通信を行う直感的インタフェースが特徴だ。複雑な接続設定やアクセスポイントは不要という。通信可能な機器を事前登録しておくことも可能で、データ漏えいも防げるとしている。

 ホスト−ターゲットの関係もなく、例えば携帯電話−PC間、携帯電話−携帯電話間の直接通信も可能だ。

 微弱出力による近接専用のため、他の無線システムへの干渉はほとんどないとしている。通信は一般的なアンテナではなく、新開発のカプラを使う。離れると急激に利得が減衰するため、他の無線との干渉を防げるという。

 デジタルカメラをテレビにかざして静止画を表示させたり、携帯電話に携帯プレーヤーをかざして音楽ファイルを直接転送する──といった用途を想定。「さまざまな機器間のユニバーサルインタフェースとして幅広く利用できる」としている。

 新技術は1月7日開幕の「2008 International CES」で参考展示する。

関連キーワード

ソニー | TransferJet | CES


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.