ITmedia NEWS > 企業・業界動向 >
ニュース
» 2008年01月15日 08時27分 公開

Google、iPhone用アプリケーションをバージョンアップ

iPhoneのSafari用Googleトップページのカスタマイズが可能になったほか、Gmailの使い勝手も向上した。

[ITmedia]

 米Googleは1月14日、米サンフランシスコで開催中の「Macworld Expo」で、iPhone用のGoogleアプリケーションのバージョンアップを発表した。

 今回のバージョンアップでは、タッチスクリーンでのナビゲーションをより簡単にするため、ユーザーインタフェースを改善。また、Googleトップページに表示されるタブのカスタマイズ機能を追加し、メニューバーに表示するアプリケーションをユーザーが選択できるようになった。各アプリケーション間の切り替えも簡単で、別々にサインインする必要はないという。

 Gmailでは、送信先入力のオートコンプリート機能がiPhoneからも利用できるようになったほか、新規メールの読み込みが、マニュアルでの再読み込みなしで行われるようになった。また、ユーザーがPC上でカスタマイズした「iGoogle」ガジェットをiPhoneでも使えるようになった。

 Googleは、使いやすさやスピード、機能などの面で、iPhoneでもデスクトップと同様にGoogleのWebアプリケーションを体験できるようになったとしている。今後、米国外のiPhoneや「同様のユーザビリティーとブラウザ能力を提供するほかのプラットフォーム」にも、同様の機能を展開していく計画だとしている。

関連キーワード

Google | iPhone | Safari | iGoogle


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.