ITmedia NEWS > 企業・業界動向 >
ニュース
» 2008年01月23日 08時43分 公開

HP、買収で文書自動化サービスを強化

Exstream Softwareの買収によりHPは、企業向けのパーソナライズ文書管理および出力サービスの強化を図る。

[ITmedia]

 米Hewlett-Packard(HP)は1月22日、米Exstream Softwareの買収で合意に達したと発表した。買収金額は非公開。HPの第2四半期(2〜4月期)中に買収を完了する見通し。

 Exstream Softwareは企業向けドキュメント作成ソフトベンダー。銀行や医療機関などに対し、文書作成プロセスを合理化し、パーソナライズされた文書・資料の作成とその配布を支援するソリューションを提供している。HPは、企業向けの文書自動化を急成長市場とみており、同社の文書出力管理および印刷市場におけるプレゼンスとExstreamの技術を組み合わせることで、より多くの顧客層に対応し、同市場での主導権を得たい考え。

 買収に伴い、ExstreamはHPのイメージング&プリンティング部門に統合される。

関連キーワード

HP | 買収 | 文書管理


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.