ITmedia NEWS > 企業・業界動向 >
ニュース
» 2008年01月30日 08時32分 公開

Yahoo!決算、売上増も23%の減益

Yahoo!の10〜12月期決算は、売上高は前年同期比8%増だったが、営業・マーケティング費用や製品開発費がかさみ、純利益は23%減だった。

[ITmedia]

 米Yahoo!が1月29日発表した第4四半期(10〜12月期)決算は、売上高は18億3200万ドルで前年同期を8%上回ったが、純利益は同23%減の2億600万ドル(1株当たり15セント)だった。

 直営サイトでの広告収入は10億3500万ドルで、前年同期を21%上回ったものの、提携先サイトからの広告サービス収入は13%減の5億5500万ドルだった。

 トラフィック獲得コスト(TAC)を除く売上高は14億300万ドルで、前年同期を14%上回った。営業利益は1億9100万ドルで、前年同期比38%減。営業・マーケティング費用や製品開発コストなどが、売上高の伸びを上回る増加をみせたことが影響した。

 通年での売上高は69億6900万ドルで、前年比8%増。TACを除く売上高は同12%増の51億1300万ドルだった。純利益は6億6000万ドル(1株当たり47セント)で同12%減だった。

 「当社は鍵となる分野への投資を増やす一方で、組織の合理化などに向け、厳しいが不可欠な決定を行っているところだ」とスーザン・デッカー社長。ジェリー・ヤンCEOは、「今年も逆風を受け続けるだろうが、現在取っている手段により、2008年をより力強く、競争力の高い姿で終えることができると信じている」としている。

関連キーワード

Yahoo! | 決算 | ジェリー・ヤン


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.