ITmedia NEWS > 製品動向 >
ニュース
» 2008年05月22日 09時45分 UPDATE

電話をかけるようにVPN設定 NTT西とフジクラが新機器を開発

ダイヤルボタンから相手先のナンバーを入力し、「あたかも電話をかけるように」VPNを構築できる接続機器をNTT西とフジクラが開発した。

[ITmedia]
photo 利用イメージ:オンデマンド監視

 NTT西日本とフジクラは5月21日、「フレッツ光」ユーザー間で容易にEthernet VPN環境を構築できる接続機器「Fleboダイヤル」を共同開発したと発表した。

 フレッツ光のテレビ電話用に割り当てられたダイヤルナンバーを活用。同機器が備えるダイヤルボタンから相手先のナンバーを入力すればVPNを設定できる。「あたかも電話をする感覚で、つなぎたい時につなぎたい相手と簡単にVPNを構築できる」という。

 インターネットを使ったVPNは低コストだが、設定にスキルが必要なため、、SOHO環境や自治体では運用などに課題を抱えている。新機器は、常時接続に加え、接続先を柔軟に変更して利用する新しい用途も見込めるとしている。

 6月16日に発売する。予定価格は6万3000円。NTT西日本は、同機器とフレッツ光を組み合わせた「ダイヤルVPNソリューション」を展開する。

関連キーワード

VPN | NTT | フレッツ


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.