ITmedia NEWS > 企業・業界動向 >
ニュース
» 2008年05月28日 07時43分 UPDATE

MS、大学向けサービススイート「Live@edu」の機能強化

Microsoftが大学向けに提供しているWebサービススイート「Live@edu」に、「Microsoft Exchange Labs」が加わった。

[ITmedia]

 米Microsoftは5月27日、大学向けの無料Webサービススイート「Microsoft Live@edu」に、セキュリティ強化型の電子メール機能「Microsoft Exchange Labs」を追加すると発表した。これにより、大学は学生や卒業生に対し、企業レベルのコミュニケーション機能を提供でき、メールセキュリティも強化できるとしている。

 Live@eduは、大学が学校独自のドメインで各種Windows Liveサービスを利用できるサービススイート。Webメールの「Windows Live Hotmail」やMS OfficeのWebベース機能「Microsoft Office Live Workspace」、オンラインストレージの「Windows Live SkyDrive」などが含まれる。Microsoft Exchange Labsの追加により、メールボックスの容量は最大10Gバイト、添付ファイルの容量は20Mバイトまでに拡充された。

 Live@eduは既に、日本を含む86カ国の数千校で導入されているという。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.