ITmedia NEWS > 企業・業界動向 >
ニュース
» 2008年05月30日 08時06分 UPDATE

AOLがOpenSocialをサポート

Googleが推進するSNS向け共通API「OpenSocial」に、AOLが参加。まず「myAOL」上で、Googleガジェットを利用可能にする。

[ITmedia]

 米AOLは5月28日、ソーシャルネットワーキングサービス(SNS)向けの共通API「OpenSocial」のサポートを発表した。まず、AOLの各種サービスをまとめたパーソナライズドページ「myAOL.com」で、Googleガジェットを利用できるようにする。

 OpenSocialは、Googleが立ち上げた共通APIで、MySpaceやhi5、LinkedInなどのソーシャルネットワーキングサービス(SNS)や、Yahoo!、Salesforce.com、Six Apartなどが採用を表明している。

 AOLは、ゆくゆくはmyAOL以外のサービスやプラットフォームにも、OpenSocialサポートを拡大していく予定だとしている。

 AOLが3月に買収した米国3位のSNSのBeboは、既にOpenSocialに参加している。

関連キーワード

OpenSocial | SNS | AOL | Google | Googleガジェット


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.