ITmedia NEWS > 企業・業界動向 >
ニュース
» 2009年04月13日 07時00分 公開

ソフトバンク、SBM関連特損750億円が確定 最終黒字は確保

ソフトバンクモバイルの債務担保証券に絡む特損が750億円で確定。ソフトバンクの最終損益は黒字を確保できるという。

[ITmedia]

 ソフトバンクは4月10日、ソフトバンクモバイルの債務担保証券(CDO)に絡み、750億円の特別損失が確定したと発表した。最終損益は黒字を確保できる見通しという。

 同社は昨年10月、CDO関連で最大750億円の特損が発生する可能性について明らかにしていた。社債償還資金は同社とみずほコーポレート銀行による融資枠を確保しており、予定期日に償還されるとしている。

 最終損益への特損の影響は、税効果考慮後で444億円。2月に公表した連結営業利益と連結フリーキャッシュフロー(FCF)見通しは上方修正し、連結営業益は100億円増の3500億円に、連結FCFは200億円増の1700億円になる見通し。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.