ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「ソフトバンク」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

-こちらもご覧ください-
ソフトバンクモバイル - ITmedia Mobile
質問!SoftBank→ITmediaのQ&Aサイト「質問!ITmedia」でSoftBank関連の質問をチェック
「ソフトバンク」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

ドコモとソフトバンク、iOS 15のセキュリティ機能「プライベートリレー」で注意喚起
NTTドコモとソフトバンクは、iOS 15/iPadOS 15以で降で提供されるiCloud+向け「プライベートリレー」について注意喚起している。dアカウントメニューが利用できなくなる、動画SNS放題の対象外になるなどの影響があるという。(2021/9/21)

漁港から15分 「空飛ぶカツオ」ドローン直送
釣れたてのカツオを、ドローンで漁港からレストランに直送する実証実験を、ソフトバンクが「ケンケン鰹」のブランドで知られる産地、和歌山県すさみ町で実施した。実用化に向けては法整備などの課題もあるが、関係者は「漁業の流通スタイルが変わる」と期待を寄せる。(2021/9/21)

石川温のスマホ業界新聞:
菅政権退陣で通信会社の株価が爆上がり――20GBが足りなくなる2023年あたりに料金プラン改定か
菅義偉内閣総理大臣が自由民主党総裁選挙に出馬しないことを表明してから、NTT、KDDI、ソフトバンクの株価が上昇傾向にある。総務省を通した大手キャリアへの「圧力」が少なくなることを好感した投資家が多かったものと思われるが、事実、菅首相の事実上の退陣は大手キャリアにとっては恩恵となりうる。(2021/9/17)

「iPhone 13」シリーズは4キャリアとも“SIMロックなし”
9月24日に発売を控えている「iPhone 13」シリーズは、Appleに加え、NTTドコモ、KDDI、ソフトバンク、楽天モバイルの4キャリアが取り扱う。ここで気になるのが「SIMロック」の有無。結論から言うと、ドコモ、KDDI、ソフトバンク、楽天モバイルいずれも、iPhone 13シリーズにSIMロックをかけていない。(2021/9/16)

ソフトバンク、「iPhone 13」シリーズや「iPad」「iPad mini」の価格を発表
ソフトバンクが、「iPhone 13」シリーズと「iPad(第9世代)」「iPad mini(第6世代)」の価格を発表した。iPhone 13は11万5920円から、iPhone 13 Proは14万4000円から。iPadは6万3360円から、iPad miniは8万8560円から。(2021/9/16)

ドコモ、au、ソフトバンク、楽天モバイルが「iPhone 13シリーズ」を取り扱い 予約開始日と発売日はいつ?
大手4キャリアが、iPhone 13の取り扱いを表明した。この記事では予約情報を簡単にまとめる。(2021/9/15)

nuroモバイルが5Gオプションを提供開始 料金は据え置き
nuroモバイルは、9月15日から5G通信が可能になるオプションを提供。NTTドコモ、au、ソフトバンクのトリプルキャリアに対応し、追加料金不要で利用できる。(2021/9/15)

ソフトバンク榛葉副社長に聞く 5Gエリア展開からPayPayキャンペーン、SoftBank Airまで
ソフトバンクが5Gエリア展開やスーパーPayPayクーポン、5G対応のSoftBank Airなどを発表。5Gは2021年10月に人口カバー率80%を達成予定だが、これは当初から予定していたことなのか。PayPayでソフトバンクのスマホユーザーに限定したキャンペーンを実施する狙いは?(2021/9/14)

「5G転換期の深刻な問題」――ソフトバンクが5Gの「パケ止まり」解消を宣言
ソフトバンクが、電波の境目などでパケット通信が利用できない「パケ止まり」について、既存のLTE(4G)の電波帯も有効活用することで対策を講じる方針を改めて示した。(2021/9/14)

ソフトバンクの5G人口カバー率は10月末で80%に 「パケ止まり」対策も
2022年春までに5Gエリアの人口カバー率が90%に達するようエリア拡大を進めている。2021年10月末までに人口カバー率80%、基地局数2万局を達成する予定だという。5Gエリアの拡張期に起きている「パケ止まり」対策も行う。(2021/9/14)

「SoftBank Air」が5G対応 定期契約なしで月額5368円、固定代替電話の実質無料キャンペーンも
ソフトバンクのワイヤレスホームルーターサービスに5G対応プランが登場する。10月には5G対応の専用端末も登場する。これに合わせて、12月からはSoftBank 4G LTEエリアで使える固定電話サービスとのセット割も拡充する。【訂正】(2021/9/14)

ソフトバンクの「メリハリ無制限」加入で「YouTube Premium」が6カ月間無料に 7カ月目以降も25%オフ
ソフトバンクは、2022年以降に料金プラン「メリハリ無制限」へ加入すると「YouTube Premium」が6カ月間無料になる特典を提供開始。7カ月目以降も日本国内価格の25%オフとなる。(2021/9/14)

最大50%還元の「スーパーPayPayクーポン」、ソフトバンクのスマホユーザー限定で提供
ソフトバンクとPayPayは、10月18日から商品の支払いに「PayPay」を利用すると最大半額相当の「PayPayボーナス」を還元する「スーパーPayPayクーポン」を提供。ソフトバンクのスマホユーザー限定となる。(2021/9/14)

ソフトバンクが「Pixel 6/6 Pro」を2021年秋に発売へ
ソフトバンクが、2021年秋にGoogleのスマートフォン「Pixel 6」と「Pixel 6 Pro」を発売する。Pixel 6 Proについては、国内キャリアではソフトバンクが独占販売する。Googleの独自プロセッサ「Google Tensor」を搭載している。(2021/9/14)

総務省、39件の不正契約でソフトバンクに是正命令 元社員がブローカーと協力
契約者の本人確認が不十分だったとして、携帯電話不正利用防止法違反で、総務省がソフトバンクに是正命令を出した。元社員がブローカーを名乗る人物と協力して、本人確認をしないまま、不正に携帯電話の回線契約を行っていたという。(2021/9/13)

超PayPay祭り、10月18日から スタバや松屋で10%還元
PayPayは、ヤフーおよびソフトバンクと共同で大規模キャンペーン「超PayPay祭り」を10月18日から開催する。全国のPayPay加盟店のほか、「PayPayモール」や「Yahoo!ショッピング」などのオンラインショップでPayPayのポイントであるPayPayボーナスを還元する。期間は11月28日まで。(2021/9/13)

総務省、ソフトバンクに是正命令 契約者の本人確認で規定違反
総務省は、9月10日にソフトバンクへ違反の是正を命じた。2019年3月〜9月の間に、39回線の契約時に契約者の本人確認を規定の方法で行わなかったという。(2021/9/13)

ソフトバンクが9月14日10時から「新サービスなどに関する発表会」を開催 ライブ中継もあり
ソフトバンクが9月14日10時から、新サービスや5Gエリアに関する発表会を開催することを明らかにした。発表会の模様は、YouTubeなどでライブ中継される。(2021/9/10)

イスラエル発ニュービジネス:
イスラエルに熱視線 NTTとソフトバンクが驚きの人事 前駐日経済公使と「モサド」元長官
NTTグループとソフトバンクグループが、ともにイスラエルで事業活動を活発化させています。NTTは前駐日イスラエル経済公使を、ソフトバンクはモサドの元長官を、それぞれイスラエルのビジネストップに就任させました。なぜでしょうか。(2021/9/10)

ソフトバンクG、Tモバイルの株式交換でドイツテレコムの2位株主に
ソフトバンクグループが、米Tモバイルの株式交換でドイツテレコムと長期的なパートナーシップを結んだ。ソフトバンクグループは4500万株のTモバイル株と引き換えに、新たに2億2500万株のドイツテレコム株式を取得する。ソフトバンクグループはドイツテレコムの民間第2位株主となる。(2021/9/7)

石野純也のMobile Eye:
MVNOに開放された「+メッセージ」 それでも課題は山積、打倒LINEは遠い?
ドコモ、au、ソフトバンクの大手3キャリアが合同で提供する「+メッセージ」が、UQ mobileとY!mobile、そしてMVNOに提供される。SMSやMMSの進化版として順調に規模を拡大しているが、課題も多い。現状の+メッセージは非常にシンプルなメッセージのやりとりだけとどまっており、コミュニケーションを起点にしたサービスの拡充が遅れている。(2021/9/4)

ソフトバンク限定、吉野家で最大10%のPayPayボーナス還元
PayPayは、9月13日〜10月17日にソフトバンクのスマホユーザー限定キャンペーンを開催。吉野家の支払いに利用すると、最大10%のPayPayボーナスを還元する。(2021/9/2)

ムスビーの8月中古スマホランキング iPhone XRがランクアップ
ムスビーは、2021年8月中古携帯/スマホランキングを発表。総合トップ3に変動はなく、Android限定ランキング1位は前月2位の「Xperia Ace II SO-41B」が獲得し、ソフトバンクの「Google Pixel 3a XL」が3位にランクインしている。(2021/9/2)

「+メッセージ」が格安ブランドやMVNOでも利用可能に 9月2日から順次
NTTドコモ、KDDIとソフトバンクが共同で運営するメッセージサービス「+メッセージ」が、格安ブランドやMVNOでも利用できるようになる。KDDIと沖縄セルラー電話は9月2日から対応し、ドコモも9月下旬に対応する予定だ。ソフトバンクは、2022年春の対応となる。(2021/9/2)

「+メッセージ」がMVNOでも利用可能に UQ・ワイモバなどサブブランドも
NTTドコモ、KDDI、ソフトバンクが、メッセージサービス「+メッセージ」を各社の回線を使ったMVNOや3社のサブブランドでも利用可能にする。MVNOやサブブランドでも利用可能にすることでユーザー層の拡大を狙う。(2021/9/2)

Y!mobileの「Redmi 9T」、MNPなら360円に 「iPhone 11」の値下げも
ソフトバンクが8月26日、Xiaomi製のスマートフォン「Redmi 9T」を発売した。価格は2万1960円(税込み、以下同)だが、Y!mobileオンラインストアではMNPや新規契約を対象とした割引施策を実施している。MNPだと360円、新規契約だと4680円になる。(2021/8/27)

スマホ料金プランの選び方:
10GB超〜20GB以下の料金プランまとめ オンライン/サブブランド、MVNOのどれがお得?
1カ月のデータ使用量が10GB超〜20GB以下の人に、最適なのはどのプランか。20GBといえば、ドコモの「ahamo」、KDDIの「povo」、ソフトバンクの「LINEMO」といった、大手キャリアのオンラインブランドが思い浮かぶ。しかしMVNOが大手対抗プランを次々と打ち出した結果、必ずしもオンラインブランドが安いとはいえない。(2021/8/27)

スマホの利用料金は平均4845円、データ通信量は平均8.72GB MM総研の調査
MM総研は、NTTドコモ、au、ソフトバンク、楽天モバイルおよびサブブランドとMVNO各社それぞれの音声通話サービス利用者に対するアンケート調査を実施した結果を発表した。(2021/8/26)

「LINEMO」の契約方法から通信速度までを総チェック Y!mobileや楽天モバイルとの比較も
ソフトバンクの新ブランド「LINEMO」は、7月に月額税込み990円で通信容量3GBの「ミニプラン」を追加した。使える機能を絞って提供しているプランだが、同社が提供する「Y!mobile」との違いや、実際の申し込み方法についてチェックしていく。(2021/8/24)

グーグル、廉価版5Gスマホ「Pixel5a」発表 前機種から2万円値下げ
グーグルは8月18日、新型の5Gスマートフォン「Pixel5a」を日本と米国で発売すると発表した。グーグルの5Gスマホは3機種あるが、Pixel5aは最も安い5万1700円。本日からグーグルストアのほかソフトバンクで予約を受け付け、8月26日に発売する。(2021/8/18)

「Pixel 5a (5G)」のキャリアでの取り扱いは“世界で”ソフトバンクだけ 税込み直販価格は6万4800円
ソフトバンクが、世界の通信事業者としては唯一「Pixel 5a (5G)」を取り扱う。同社の直営店舗やオンラインショップでの販売価格は、Google Storeよりも1万3100円増しの6万4800円となる。(2021/8/18)

日米限定販売:
Googleがお手頃5Gスマホ「Pixel 5a (5G)」を8月26日発売 防水・防じん対応で直販価格は5万1700円
Googleが、手頃な価格のミドルレンジスマートフォン「Pixel 5a (5G)」を発売する。基本スペックは「Pixel 4a (5G)」とほぼ同等だが、画面の大型化、防水・防塵(じん)対応、バッテリー容量の向上など改良を加えつつも直販価格を8800円引きとした。Googleによる直販の他、ソフトバンクでも販売される。(2021/8/18)

ソフトバンクGの職域接種、ホークスファン向けにもスタート 有料ファンクラブ会員2万人に
ソフトバンクグループの新型コロナワクチン職域接種が、福岡ソフトバンクホークス公式ファンクラブ会員向けにも始まる。(2021/8/17)

ソフトバンクが「データ通信専用3GBプラン」の提供を開始 PCやモバイルルーターでの利用を想定 月額1408円(契約から5年間は割引あり)
ソフトバンクが、PCやモバイルルーターでの利用を想定した3GBプランを新設する。月額料金は1408円(税込み)だが、契約から5年間は割引が適用され、契約から4カ月目までは0円(無料)、61カ月目までは990円(税込み)で利用できる。(2021/8/17)

4キャリアでスマホをお得に入手するには? 通信料の割引は? 8月のキャンペーンまとめ
ドコモ、au、ソフトバンク、楽天モバイルの4キャリアでは、端末代金や月額利用料金を割り引くキャンペーンを多数実施している。併用ができるものや、8月限定で実施しているものもある。それぞれのキャンペーンの注意事項もあわせて確認しよう。(2021/8/17)

携帯大手新プラン ドコモ快走も他社は伸びず 大容量移行がカギに
携帯3社が3月に開始したオンライン専用の割安プランで、NTTドコモと他2社で明暗が分かれている。いち早く発表したドコモの契約件数が180万超の一方、KDDIやソフトバンクはドコモほど契約が増えておらず、割安のプランのため、収益悪化要因にもなっているようだ。(2021/8/16)

ソフトバンク/Y!mobileのキャリア決済で最大1万円相当のPayPayボーナスがもらえるキャンペーン
キャリア決済「ソフトバンクまとめて支払い」「ワイモバイルまとめて支払い」を利用すると、利用金額の10%分(最大1万円相当)のPayPayボーナスをプレゼントするキャンペーンが開催。期間は9月6日まで。(2021/8/12)

値下げの影響で「iPhone 8」がランクアップ ゲオの中古スマホ7月ランキング
ゲオは、8月10日に「ゲオ中古スマートフォン7月月間ランキング」を発表。販売ランキングはゲオでの販売価格が下がった影響により、ドコモやソフトバンクの「iPhone 8」が大きくランクアップしている。(2021/8/11)

孫氏の投資に、中国などの政治リスクが顕在化
ソフトバンクグループ(SBG)の孫正義会長兼社長は10日の会見で、中国当局の規制強化で株価が下落する中国の投資先企業に引き続き投資していく姿勢を示した。同時に、韓国やインド企業などにも分散して投資していく方針を掲げるなど、米中対立の影響もあって先鋭化している中国企業への投資リスクを回避していく姿勢も強くにじませた。(2021/8/11)

投資先は300社:
孫社長「AI革命は間違いなく広がる」と熱弁 未上場AI企業への出資額、ソフトバンクGが世界の1割を占める
ソフトバンクGの孫正義社長は、2021年4〜6月期の決算説明会で「AI革命は間違いなく広がっていく」と強調。その思いは、ソフトバンク・ビジョンファンドの投資状況にも表れている。(2021/8/10)

ソフトバンク、メイン・サブブランド間の乗り換え手続きを簡素化 SIMロック解除も自動で
ソフトバンクが、通信事業のメインブランドと「Y!mobile」「LINEMO」間の乗り換えに必要な手続きを簡素化すると発表した。MNP予約番号を発行せず乗り換えられるようにする他、SIMロック解除の手続きを自動化する。(2021/8/10)

「ソフトバンク」「Y!mobile」「LINEMO」の乗り換え手続きが簡単に 8月18日から順次
ソフトバンクが、3ブランドの携帯電話サービス間の乗り換え手続きを簡素化する。8月18日からの手続き分から適用するが、条件によっては対応時期が遅れる。(2021/8/10)

石野純也のMobile Eye:
ソフトバンクとドコモの決算を振り返る ahamoやLINEMOなど新料金の影響は?
ソフトバンクは8月4日、ドコモは8月6日に第1四半期の決算を発表した。業績自体は好調ながら、どちらも2月、3月以降の料金値下げや新料金プランの導入が響き、通信料収入は減収に見舞われている。一方で、ソフトバンクとドコモを比較すると、中身には少々違いがある。(2021/8/7)

石川温のスマホ業界新聞:
KDDIは当面、LINEMO「3GB990円」対抗策は打ち出さず――まずは「でんきセット割」のUQモバイルに注力
ソフトバンクがLINEMOで「3GBで月額990円」というプランを打ち出した。KDDIはpovoなどでそれに対抗……すると思いきや当面の間はしないという。代わりに、UQ mobileにおける販売促進に注力するようだ。(2021/8/6)

荻窪圭の携帯カメラでこう遊べ:
ライカのスマホ「Leitz Phone 1」はここが“新しい” AQUOS R6との違いも含めて徹底検証
7月12日にソフトバンク独占、SIMロックフリーで発売されたライカがデザインするスマホ「Leitz Phone 1」。シャープが製造し、カメラのレンズはズミクロンでセンサーは1型だ。一眼レフを思わせる画像のナチュラルさや、独自のモノクロ撮影機能「Leitz Looks」もおもしろい。RAW撮影にも対応しているが、今回は日常的な使い心地を重視して紹介する。(2021/8/10)

「LINEMOの契約数は?」「プラチナバンド再割り当てはどう思う?」――ソフトバンク決算説明会一問一答(2021年8月編)
ソフトバンクが2021年度第1四半期の決算を発表した。この記事では、決算説明会における記者と宮川潤一社長との質疑応答の中で、特に注目すべきやりとりを紹介する。(2021/8/5)

LINEMOもキャリア決済でPayPayにチャージ可能に
PayPayにチャージする「ソフトバンク・ワイモバイルまとめて支払い」が、新たに「LINEMO」へ対応。LINEMOのユーザーは月々の利用料金と「PayPay」へのチャージ金額をまとめて支払えるようになる。(2021/8/4)

なぜ必要? 何から手を付ける?:
PR:有識者対談で見えた「泥臭い、けれども着実に前に進む」ゼロトラストの進め方
@ITが実施した意識調査によると「ゼロトラスト」の注目が高まっていることが分かった。企業はどのようにゼロトラストに向き合うべきなのか。アイティメディアの内野宏信とソフトバンクの澤入俊和氏の対談からその答えを探る。(2021/8/24)

メイン携帯の利用料金は高い? 5G端末の買い換え予定は? ゲオが調査
ゲオホールディングスが7月30日に、「ゲオアプリ」会員に対して実施した携帯電話の利用状況についてのアンケート結果を公表した。回答は2454人から得られ、「5G端末に買い換えたいか」やドコモ、au、ソフトバンクを利用するユーザーに対して「格安SIMへ移行するか」といった購買意欲についても質問している。(2021/7/30)

石川温のスマホ業界新聞:
ソフトバンク・寺尾氏がeSIMに対する本音を吐露――「僕はやりたかった。でも急いでやってはいけなかった」
ソフトバンクが、LINEMOブランドにおいて「3GBで980円(税別)」の新プランを発表した。それに合わせて、同社でY!mobileブランドとLINEMOブランドを統括する寺尾洋幸氏が取材に応じた。その中で、「ソフトバンク(SoftBank)」ブランドでも導入が始まったeSIMについて“本音”を語る場面があった。(2021/7/23)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。