ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「ソフトバンク」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

-こちらもご覧ください-
ソフトバンクモバイル - ITmedia Mobile
質問!SoftBank→ITmediaのQ&Aサイト「質問!ITmedia」でSoftBank関連の質問をチェック
「ソフトバンク」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

スマホやIoT電池で安否確認――ソフトバンクが「みまもりサービス」開始 キャリアフリーで月額無料から
ソフトバンクが、スマートフォンを使ったキャリアフリーの見守りサービスの提供を開始。一部機能が制限される無料版も用意している。(2019/12/10)

東大とソフトバンクが「Beyond AI研究所」を開設 最先端AIを共同研究
東京大学とソフトバンクは「Beyond AI研究所」の開設と、研究成果の事業化に向けた取り組みに関する協定を締結した。基礎研究領域と応用研究領域の2つの領域で最先端AIの研究に取り組む。(2019/12/9)

「機械が人のように働く時代が来る」 アリババ創業者の馬氏、孫正義氏と対談
ソフトバンクグループの孫正義会長と中国アリババグループの馬雲氏が対談した。馬氏はAI時代の到来で「20〜30年後は人間が週3日、2〜3時間働けばいい社会が訪れる」と語った。(2019/12/9)

携帯販売ランキング(11月25日〜12月1日):
ソフトバンク「Pixel 3a」が4カ月ぶりに総合トップ10入り ドコモ「Galaxy A20」も上昇
トップはソフトバンク「iPhone 11(64GB)」が8連勝。NTTドコモ「AQUOS sense3 SH-02M」は3週連続で3位。ソフトバンクの「Pixel 3a」が久々に総合トップ10入りした。(2019/12/7)

日本がAI後進国なのは“モノづくり至上主義”のせい――SBG孫社長が指摘 東大とタッグで挽回目指す
ソフトバンクグループの孫正義社長(兼会長)が「日本は『モノを作らないと立派な企業ではない』という思い込みがあり、AI開発競争で蚊帳の外になってしまった」と発言。AI後進国に陥った背景と、今後の展望を語った。(2019/12/6)

ソフトバンク、3Gサービスを2024年1月下旬に終了
LTEの普及により。(2019/12/6)

ソフトバンク、3Gサービスを24年1月下旬に終了 「周波数の有効活用を進める」
ソフトバンクが2024年1月下旬に3Gサービスを終了すると発表。「LTEサービスが普及したため、周波数の有効活用を進める」という。終了後は「5S」以前のiPhoneをはじめ、古いモデルのスマートフォン・フィーチャーフォン・タブレットが利用できなくなる。(2019/12/6)

ソフトバンクの3Gサービス、2024年1月下旬に終了へ
ソフトバンクは、2024年1月下旬に3Gサービスを終了する。周波数の有効利用を進めるため。終了するプランや、使用できなくなる機種を案内している。(2019/12/6)

ソフトバンクと東大、AI特化の「Beyond AI 研究所」設立 GAFAなどに対抗
ソフトバンクと東京大学がAI研究に特化した「Beyond AI 研究所」を設立する。AIの基礎技術研究と応用研究を通して、研究成果の事業化を行っていく。(2019/12/6)

FAニュース:
工場での5G活用実証へ、カメラやセンサーからリアルタイムでデータ収集
住友電工とソフトバンクは、工場における5G活用のための実証実験実施について合意した。5Gを活用して設備の稼働状況などに関する膨大なデータをリアルタイムに収集し、生産性と安全性の向上を目指す。(2019/12/5)

小売・流通アナリストの視点:
「ヤフー・LINE」対「GAFA」は間違い? 本当のターゲットは金融業界だ!
経営統合を発表したヤフーとLINE。各報道ではGAFAと比較した“過小評価”が目立つが、筆者の見解は違うところにある。ヤフーの持つ決済機能や携帯キャリアであるソフトバンクとの相乗効果を加味すれば、今回の統合でまず影響が及ぶのは金融業界だと筆者は想定している。それはいったいなぜなのか――小売・流通アナリストの中井彰人氏が鋭く切り込む。(2019/12/4)

ソフトバンクが12月6日から「SoftBank学割」を実施 「ウルトラギガモンスター+」などの基本プランが6カ月無料
ソフトバンクは、12月6日から2020年シーズンの学割キャンペーンを開始。対象ユーザーが「ウルトラギガモンスター+」または「ミニモンスター」を契約すると、基本プラン(音声)の月額980円(税別)が6カ月間無料になることを始め、複数の特典を用意している。(2019/12/2)

携帯販売ランキング(11月18日〜11月24日):
総合ランキングにドコモの「Galaxy A20」が初登場 「AQUOS sense3」は3位をキープ
トップはソフトバンク「iPhone 11(64GB)」が7連勝。前回3位のNTTドコモ「AQUOS sense3 SH-02M」は3位をキープ。全体的にランキングに大きな変動はなかった。(2019/11/30)

ソフトバンクの2画面化できるスマホ「LG G8X ThinQ」は税込み5万5440円
ソフトバンクが12月6日に発売予定のスマートフォン「LG G8X ThinQ」の価格が決定した。ソフトバンクオンラインショップとソフトバンクショップ(直営店)での価格は5万5440円(税込み)。付属のディスプレイ付きケースを装着すると、2画面スマホとして使用できる。(2019/11/29)

LGのハイエンド2画面スマホ、5万円台で発売 ソフトバンクユーザー以外も購入可能
ソフトバンクは、韓国LG Electronics製の2画面スマートフォン「LG G8X ThinQ」の販売価格を5万5440円(以下税込)に決めた。ソフトバンクの回線契約がなくても購入できる。(2019/11/29)

Y!mobile、12月上旬にZTE製スマホ「Libero S10」の新色レッドを発売
ソフトバンクは、12月上旬にY!mobileブランドのZTE製スマートフォン「Libero S10」の新色「レッド」を発売。「ホワイト」と「ネイビー」に加え、3カラーで展開する。(2019/11/29)

ソフトバンク CNO 佃英幸氏インタビュー:
半導体業界はぜひ信頼性を高める努力を ―― 5Gオペレーターからの提言
2019年12月11日に開幕する展示会「SEMICON Japan 2019」で、ソフトバンクで最高ネットワーク責任者(以下、CNO)を務める佃英幸氏が講演を行う。半導体業界関係者らが多く来場する展示会で佃氏は何を語るのか――。佃氏にインタビューした。(2019/11/27)

ソフトバンク、カメラ搭載の“IoT蛍光灯”を使った防犯サービス クラウド経由で遠隔監視
ソフトバンクが“IoT蛍光灯”を活用した防犯サービス「SecuLight」を発表。蛍光灯は4Gデータ通信に対応しており、撮影したデータをクラウド上に自動送信できる。管理者は遠隔地から映像を確認し、トラブル発生時に迅速な対応を取れる。(2019/11/25)

ソフトバンク、LED一体型カメラを活用した法人向けIoT防犯カメラサービス「SecuLight」2020年春に提供
ソフトバンクが通信機能付き蛍光灯一体型カメラを活用したIoT防犯カメラサービスを法人向けに2020年春をめどに提供を開始する。設置・配線工事などを必要とせず初期費用を抑えられ、遠隔で一括管理することができる。(2019/11/25)

月額1000円×13カ月割り引きの「ワイモバ学割」開始 「データ増量無料キャンペーン2」も
ソフトバンクが、Y!mobileユーザー向けの学割「ワイモバ学割」を2019年11月29日から実施する。5〜18歳のユーザーやその家族の月額料金を1000円×13カ月間割り引く。データ増量オプションの月額500円を13カ月間無料とするキャンペーンも実施する。(2019/11/25)

携帯販売ランキング(11月11日〜11月17日):
ドコモの「AQUOS sense3」が総合3位に上昇、「iPhone 11」に割って入る
トップはソフトバンク「iPhone 11(64GB)」で6連勝。iPhone 11が並ぶ中でドコモ「AQUOS sense3 SH-02M」が3位に上がってきた。同じくドコモの「Xperia 5 SO-01M」は8位に。(2019/11/23)

顔認証でビルに“顔パス入館” 精度99%超 「SNOW」のSenseTimeが技術協力
ソフトバンク子会社が、顔認証技術を活用したオフィスビルの入退室システムをリリース。ICカードを使わず、セキュリティゲート上の端末に顔をかざすだけで入館できる。認証精度は99%以上という。自撮りアプリ「SNOW」の顔認識を手掛けた香港のAIベンチャー、SenseTime Groupの技術を利用した。(2019/11/22)

ソフトバンク、2画面スマホ「LG G8X ThinQ」を12月6日に発売
ソフトバンクは、12月6日にLGエレクトロニクス製スマートフォン「LG G8X ThinQ」を発売する。専用ケースを使用すると2画面で操作可能となり、容量4000mAhのバッテリーを本体からケースへ給電することもできる。(2019/11/21)

4キャリアの「ポイント/決済サービスのクロスユース率」調査 楽天モバイルが上位に
MM総研は、キャリア4社がそれぞれ自社グループで提供するポイント/決済サービスの「クロスユース率」について調査結果を発表。ポイントサービス・クレジットカード決済は楽天モバイル、QRコード決済はソフトバンクがクロスユース率トップとなった。(2019/11/21)

ソフトバンクGに3000億円規模の融資へ みずほなど主力行が調整
みずほ銀行など主力銀行がソフトバンクグループに3000億円規模の融資をする方向で協議していることが分かった。「ウィーワーク」を運営する米ウィーカンパニーの運営再建を支援する。(2019/11/21)

ブックオフ、買い取り代金を電子マネーで受け取り可能に LINE Payやドコモ口座などで
ブックオフコーポレーションは、11月20日に買い取り代金を電子マネーで受け取れる「スマホで受取コース」を一部店舗で開始した。決済ブランドは「LINE Pay」「au WALLET プリペイドカード」「Kyash」「ドコモ口座」「ソフトバンクカード」で、2020年3月には対応店舗を拡大する。(2019/11/20)

GAFAの一角崩せるか ヤフーLINE統合 国内では1億人経済圏、海外での勝機は
ソフトバンクグループとして、国内で勢力を強める米国のグーグルやアマゾン・コムといった「GAFA」に対抗しつつ、アジアの成長をてこに海外市場にくさびを打ち込む、攻防一体の構えだ。(2019/11/19)

ソフトバンクが「+メッセージ」を機能拡充 DiDiやテスティーの公式アカウントを開設
auやNTTドコモに続き、ソフトバンクも「+メッセージ」の公式アカウント機能に対応した。ソフトバンク関連の公式アカウントとして「DiDiモビリティジャパン」「プラススタイル」「テスティー」「使い方ガイド」も登場する。(2019/11/18)

「+メッセージ」で企業アカウント開設、ソフトバンクも対応
ソフトバンクが「+メッセージ」に、企業が公式アカウントを開設できる機能を追加。KDDI、NTTドコモに続き、ソフトバンクも対応した。(2019/11/18)

ヤフー・LINE経営統合、相乗効果への期待と落とし穴
 ヤフーを展開するZホールディングス(HD)と無料通信アプリのLINE(ライン)は14日、両社の経営統合について「協議を行っていることは事実」と発表した。LINEは人工知能(AI)に巨額の投資を続けている。ソフトバンクグループ(SBG)の孫正義会長兼社長はAIに傾倒しており、資金力にモノを言わせた拡大路線という“お家芸”に打って出た。ただ、相乗効果は未知数で、巨大IT企業への規制強化という落とし穴も待ち構えている。(2019/11/18)

決済額の10%をPayPayボーナスで還元する「家電量販7Days」 ソフトバンクとY!mobileユーザー限定で12月16日から開催
PayPayが、家電量販店で決済額の10%を還元するキャンペーンを12月16日から実施する。今回のキャンペーンはソフトバンクまたはY!mobileユーザー限定となる。(2019/11/15)

PayPay、12月に10%還元の「家電量販7Days」 ソフトバンク、ワイモバユーザー限定
PayPayが年末に10%還元キャンペーン「家電量販7Days」を実施する。ソフトバンクとワイモバイルユーザー限定だ。(2019/11/15)

ヤフーとLINEが「経営統合検討」との報道 「決定している事実はない」とコメント
11月13日の夜、「ヤフーとLINEが経営統合を検討している」という旨の報道が複数あった。翌14日、ソフトバンクとZホールディングス(ヤフーの親会社)とLINEがそれぞれステートメントを発表。「提携に向けた検討」は事実としつつも、「決まったことはない」としている。(2019/11/14)

ネットビジネスで覇権 米中巨大ITに対抗
 ソフトバンクグループ傘下のヤフーと無料通信アプリのLINEが経営統合に向けて最終調整するのは、インターネットサービスの顧客基盤を拡大し、国内のネットビジネスで覇権を握る狙いがある。(2019/11/14)

ドローン:
ソフトバンクのドローンサービスが「SENSYN FLIGHT CORE」を採用
センシンロボティクスの「SENSYN FLIGHT CORE」が、ソフトバンクのドローンサービス「SoraSolution」に採用された。(2019/11/14)

「LG G8X ThinQ」は従来の2画面スマホと何が違うのか? LGが利用シーンを解説
LGエレクトロニクスは、競合メーカーとは異なるアプローチで新しいカタチのスマホを開発している。ソフトバンク向けに投入する「LG G8X ThinQ」は、スクリーン内蔵のケースを装着することで“2画面化”できる。従来の2画面スマホとは何が違うのか?(2019/11/12)

ソフトバンクと住友電工が5G実証実験 工場の生産性向上へ
ソフトバンクと住友電気工業は、11月12日に工場での5G活用に向けた実証実験に合意。住友電工の工場内に設置されたカメラやセンサーからリアルタイムに情報収集し、データをAIで分析して生産性や安全性を向上させるソリューションの構築を目指す。(2019/11/12)

ソフトバンク、11月15日に法人向けスマホ「DIGNO BX」「AQUOS sense3 basic」発売
ソフトバンクは、11月15日に法人向けスマートフォンとして耐久性に注力した「DIGNO BX」、4000mAhのバッテリーを搭載した「AQUOS sense3 basic」を発売する。(2019/11/12)

ソフトバンク投資先のWe、次期CEO候補としてT-Mobileのジョン・レジャーCEOが浮上
ソフトバンクが出資するWeの次期CEO候補として、T-Mobileのジョン・レジャーCEOに打診があったと報じられた。T-Mobileはソフトバンク傘下のSprintの買収の承認待ち状態。Weの会長にはSprintのCEOが指名されている。(2019/11/12)

ソフトバンク、5Gコネクテッドカーの検証完了 「安定した通信を確認」
ソフトバンクが、5Gを活用したコネクテッドカーの技術検証を終えたと発表。運転時を想定し、見通しの悪い交差点における周辺車両の位置情報や、急ブレーキ情報の伝送などを検証した。走行時でも安定して通信できることを確認できたという。(2019/11/11)

ソフトバンクと本田技術研究所、商用レベルの環境で5Gコネクテッドカーの技術検証を完了
ソフトバンクと本田技術研究所が、商用レベルの5Gネットワーク環境におけるコネクテッドカーの技術検証を実施。さまざまな条件で安定した通信が行えることを確認した。(2019/11/11)

Mobile Weekly Top10:
ドコモの「Xperia 5」と「AQUOS sense3」が好調な滑り出し/「Galaxy Fold」に24万円(税込み)の価値はある?
ここ数週間、ソフトバンクやauのiPhone 11シリーズの売れ行きが好調です。そんな中、NTTドコモの「Xperia 5」と「AQUOS sense3」が発売3日間だけの売り上げで「携帯販売ランキング」のトップ10入りを果たしました。(2019/11/11)

より安心して利用できるように 東急電鉄、すべての車両に防犯カメラ「IoTube」導入 ソフトバンク提供4Gデータ通信に対応
トラブル発生時に迅速な対応が期待できます。(2019/11/7)

SUBARUとソフトバンク、5G&セルラーV2Xを活用した自動運転制御で共同研究
SUBARUとソフトバンクは、5GとセルラーV2X通信システムを活用したユースケースの共同研究を開始。通信環境を構築して基地局と車両、車両と車両間で通信を行い、安全運転支援や自動運転制御に関わるさまざまなユースケースを想定した技術検証を行う予定だ。(2019/11/7)

東急、全車両にソフトバンク通信機能付きの防犯カメラ設置へ
 東急とソフトバンクは6日、携帯電話通信で映像を転送できる防犯カメラが付いた蛍光灯を来年3月から7月にかけて、東急の全車両に設置すると発表した。(2019/11/7)

WeWorkは「熟せばもうかる」 ソフトバンクG孫社長、「創業以来の大赤字」も立て直しに意欲
ソフトバンクグループの孫社長は、決算説明会で「今回の決算はボロボロ」「WeWorkの影響が大きい」と発言。「大いに反省」としながらも、立て直しに意欲を見せる。(2019/11/6)

ソフトバンクG、上半期は営業赤字156億円 WeWork株の価値低下、ビジョンファンド事業で5700億円の損失
ソフトバンクグループが2020年3月期上半期の連結業績を発表。営業損益が156億円の赤字に転落した。「ソフトバンク・ビジョン・ファンド」の投資先である米The We Companyなどの公正価値が下落し、投資の未実現評価損失を1兆1276億円計上したことが響いた(2019/11/6)

携帯3社の中間決算、営業益で明暗
 携帯電話大手3社の令和元年9月中間連結決算が5日、出そろった。10月からの端末代金割引などの規制変更への対応で顧客を囲い込むための費用がかさみ、NTTドコモとKDDIが営業減益となった一方、契約数が伸びたソフトバンクは増益を確保した。(2019/11/6)

競争激化で「6万円引き」敢行 「技術陣は分かっていた」楽天モバイルの遅れ――ソフトバンク宮内社長一問一答(2019年第2四半期決算編)
ソフトバンクが2019年度第2四半期決算を発表。上期は好調だったものの、通期決算見通しは据え置いた。この記事では、同社の宮内謙社長と報道関係者たちとの主な一問一答をまとめる。(2019/11/5)

「技術者は全員知っていた」「基地局整備は簡単じゃない」 ソフトバンク宮内社長、楽天の参入遅れにチクリ
ソフトバンクの宮内謙社長が決算発表会に登壇。10月にMNO事業に本格参入する予定だった楽天の基地局整備が遅れている件に触れ、「技術者は全員知っていた」「基地局整備は簡単じゃない」とコメントした。(2019/11/5)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。