ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「ソフトバンク」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

-こちらもご覧ください-
ソフトバンクモバイル - ITmedia Mobile
質問!SoftBank→ITmediaのQ&Aサイト「質問!ITmedia」でSoftBank関連の質問をチェック
「ソフトバンク」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

ヤフーとLINEが「経営統合検討」との報道 「決定している事実はない」とコメント
11月13日の夜、「ヤフーとLINEが経営統合を検討している」という旨の報道が複数あった。翌14日、ソフトバンクとZホールディングス(ヤフーの親会社)とLINEがそれぞれステートメントを発表。「提携に向けた検討」は事実としつつも、「決まったことはない」としている。(2019/11/14)

ネットビジネスで覇権 米中巨大ITに対抗
 ソフトバンクグループ傘下のヤフーと無料通信アプリのLINEが経営統合に向けて最終調整するのは、インターネットサービスの顧客基盤を拡大し、国内のネットビジネスで覇権を握る狙いがある。(2019/11/14)

ドローン:
ソフトバンクのドローンサービスが「SENSYN FLIGHT CORE」を採用
センシンロボティクスの「SENSYN FLIGHT CORE」が、ソフトバンクのドローンサービス「SoraSolution」に採用された。(2019/11/14)

「LG G8X ThinQ」は従来の2画面スマホと何が違うのか? LGが利用シーンを解説
LGエレクトロニクスは、競合メーカーとは異なるアプローチで新しいカタチのスマホを開発している。ソフトバンク向けに投入する「LG G8X ThinQ」は、スクリーン内蔵のケースを装着することで“2画面化”できる。従来の2画面スマホとは何が違うのか?(2019/11/12)

ソフトバンクと住友電工が5G実証実験 工場の生産性向上へ
ソフトバンクと住友電気工業は、11月12日に工場での5G活用に向けた実証実験に合意。住友電工の工場内に設置されたカメラやセンサーからリアルタイムに情報収集し、データをAIで分析して生産性や安全性を向上させるソリューションの構築を目指す。(2019/11/12)

ソフトバンク、11月15日に法人向けスマホ「DIGNO BX」「AQUOS sense3 basic」発売
ソフトバンクは、11月15日に法人向けスマートフォンとして耐久性に注力した「DIGNO BX」、4000mAhのバッテリーを搭載した「AQUOS sense3 basic」を発売する。(2019/11/12)

ソフトバンク投資先のWe、次期CEO候補としてT-Mobileのジョン・レジャーCEOが浮上
ソフトバンクが出資するWeの次期CEO候補として、T-Mobileのジョン・レジャーCEOに打診があったと報じられた。T-Mobileはソフトバンク傘下のSprintの買収の承認待ち状態。Weの会長にはSprintのCEOが指名されている。(2019/11/12)

ソフトバンク、5Gコネクテッドカーの検証完了 「安定した通信を確認」
ソフトバンクが、5Gを活用したコネクテッドカーの技術検証を終えたと発表。運転時を想定し、見通しの悪い交差点における周辺車両の位置情報や、急ブレーキ情報の伝送などを検証した。走行時でも安定して通信できることを確認できたという。(2019/11/11)

ソフトバンクと本田技術研究所、商用レベルの環境で5Gコネクテッドカーの技術検証を完了
ソフトバンクと本田技術研究所が、商用レベルの5Gネットワーク環境におけるコネクテッドカーの技術検証を実施。さまざまな条件で安定した通信が行えることを確認した。(2019/11/11)

Mobile Weekly Top10:
ドコモの「Xperia 5」と「AQUOS sense3」が好調な滑り出し/「Galaxy Fold」に24万円(税込み)の価値はある?
ここ数週間、ソフトバンクやauのiPhone 11シリーズの売れ行きが好調です。そんな中、NTTドコモの「Xperia 5」と「AQUOS sense3」が発売3日間だけの売り上げで「携帯販売ランキング」のトップ10入りを果たしました。(2019/11/11)

より安心して利用できるように 東急電鉄、すべての車両に防犯カメラ「IoTube」導入 ソフトバンク提供4Gデータ通信に対応
トラブル発生時に迅速な対応が期待できます。(2019/11/7)

SUBARUとソフトバンク、5G&セルラーV2Xを活用した自動運転制御で共同研究
SUBARUとソフトバンクは、5GとセルラーV2X通信システムを活用したユースケースの共同研究を開始。通信環境を構築して基地局と車両、車両と車両間で通信を行い、安全運転支援や自動運転制御に関わるさまざまなユースケースを想定した技術検証を行う予定だ。(2019/11/7)

東急、全車両にソフトバンク通信機能付きの防犯カメラ設置へ
 東急とソフトバンクは6日、携帯電話通信で映像を転送できる防犯カメラが付いた蛍光灯を来年3月から7月にかけて、東急の全車両に設置すると発表した。(2019/11/7)

WeWorkは「熟せばもうかる」 ソフトバンクG孫社長、「創業以来の大赤字」も立て直しに意欲
ソフトバンクグループの孫社長は、決算説明会で「今回の決算はボロボロ」「WeWorkの影響が大きい」と発言。「大いに反省」としながらも、立て直しに意欲を見せる。(2019/11/6)

ソフトバンクG、上半期は営業赤字156億円 WeWork株の価値低下、ビジョンファンド事業で5700億円の損失
ソフトバンクグループが2020年3月期上半期の連結業績を発表。営業損益が156億円の赤字に転落した。「ソフトバンク・ビジョン・ファンド」の投資先である米The We Companyなどの公正価値が下落し、投資の未実現評価損失を1兆1276億円計上したことが響いた(2019/11/6)

携帯3社の中間決算、営業益で明暗
 携帯電話大手3社の令和元年9月中間連結決算が5日、出そろった。10月からの端末代金割引などの規制変更への対応で顧客を囲い込むための費用がかさみ、NTTドコモとKDDIが営業減益となった一方、契約数が伸びたソフトバンクは増益を確保した。(2019/11/6)

競争激化で「6万円引き」敢行 「技術陣は分かっていた」楽天モバイルの遅れ――ソフトバンク宮内社長一問一答(2019年第2四半期決算編)
ソフトバンクが2019年度第2四半期決算を発表。上期は好調だったものの、通期決算見通しは据え置いた。この記事では、同社の宮内謙社長と報道関係者たちとの主な一問一答をまとめる。(2019/11/5)

「技術者は全員知っていた」「基地局整備は簡単じゃない」 ソフトバンク宮内社長、楽天の参入遅れにチクリ
ソフトバンクの宮内謙社長が決算発表会に登壇。10月にMNO事業に本格参入する予定だった楽天の基地局整備が遅れている件に触れ、「技術者は全員知っていた」「基地局整備は簡単じゃない」とコメントした。(2019/11/5)

Y!mobile、コスパ重視のZTE製スマホ「Libero S10」11月8日に発売
ソフトバンクは、11月8日にY!mobileブランドのZTE製スマートフォン「Libero S10」を発売。IP57等級の防水・防塵(じん)性能をサポートし、デュアル構成のアウトカメラなどを備えながら価格を抑えたモデルとなっている。(2019/11/1)

「勝どきあげろ、ペイペイドーム!」に? ソフトバンクホークス本拠地が「福岡PayPayドーム」に改称
球場のキャッシュレス化も進むかも。(2019/11/1)

石野純也のMobile Eye:
ソフトバンク秋冬モデルの戦略を解説 ハイエンドが多く、ミッドレンジが少ない理由は?
ソフトバンクは秋冬モデルで、他社も導入している「Xperia 5」「AQUOS zero2」「AQUOS sense3 plus」に加え、2画面端末になる「LG G8X ThinQ」をそろえた。これらに加え、同社が強烈にプッシュしているのが「Pixel 4」「Pixel 4 XL」だ。秋冬商戦に対する同社の戦略を聞いた。(2019/10/26)

ヤフー、ソフトバンク、PayPayが11月1日から「いい買物の日」キャンペーン 商品購入でPayPayボーナスなどを付与
ヤフー、ソフトバンク、PayPayは、11月1日から「いい買物の日」キャンペーンを開催。キャンペーンに先駆けて、10月25日からは「毎日合計1000万円相当が当たるPayPayくじ」も開催する。(2019/10/25)

海外子会社使った節税規制へ ソフトバンクGの“抜け道”ふさぐ
政府は海外子会社を使った節税行為の規制に乗り出す。ソフトバンクグループ(SBG)が、海外子会社の株式をグループ内で移動させ、意図的に巨額の損失を作り出す手口で租税回避を行っていたためで、こうした“抜け道”をふさぐのがねらいだ。(2019/10/25)

最大100万円相当のPayPayボーナスなどが当たる「ソフトバンクホークス 日本一キャンペーン」開催
福岡ソフトバンクホークスのSMBC日本シリーズ2019優勝を記念した「ソフトバンクホークス 日本一キャンペーン」が開催。最大100万円相当のPayPayボーナスや最大+10%のPayPayボーナスライト付与、スマホアクセサリーの特価販売などを行う。(2019/10/24)

スマートシティー:
三菱地所と富士通、「データコンソーシアム」を設立
三菱地所と富士通、「丸の内データコンソーシアム」を設立。国立大学法人東京大学やソフトバンクなど参加企業とともに、データ活用を通じて街・社会に新たな価値や新たな事業の創出を目指す。(2019/10/24)

ソフトバンクG、苦境WeWorkに約1兆円の支援 過半数の議決権は持たず関連会社化
ソフトバンクグループが、コワーキングスペース「WeWork」を運営するThe We Companyに計約95億ドル(1兆308億円)の金融支援を行うと発表した。過半数の議決権は保有せず、子会社ではなく関連会社となる予定だ。We社は大規模な赤字を抱えていることなどが発覚し、9月末にIPO申請を撤回していた。(2019/10/23)

海外のスマホ決済アプリを日本で使えるように ソフトバンク、日本IBMなどがブロックチェーン活用で共同開発へ
ソフトバンクと日本IBM、TBCASoftが、訪日観光客が自国で使っている決済アプリを日本で使えるようにする決済システムを共同開発していると発表した。(2019/10/23)

Y!mobileの「Xperia 8」、10月25日に発売 ヘッドフォン&PayPayボーナスのプレゼントキャンペーンも
ソフトバンクは10月25日、Y!mobileブランドで「Xperia 8」を発売。抽選で8888人にソニー製のヘッドホンやイヤホンが当たるキャンペーンや、購入者へ1000円相当のPayPayボーナスプレゼントも行う。(2019/10/18)

CEATEC 2019:
携帯キャリアは「5G」にどう向き合っていくのか? 各社のキーパーソンが語る
CEATEC 2019で、次世代通信「5G」をフィーチャーした「5G Summit」が開催。携帯4キャリアの社長や副社長が一堂に会して、5Gへの取り組みや展望を語った。ドコモ、KDDI、ソフトバンク、楽天モバイルの5G戦略とは?(2019/10/18)

ソフトバンクが秋冬モデル発表 「Xperia 5」「AQUOS zero2」、LGの2画面化できるスマホなど
ソフトバンクが10月17日、2019年〜2020年秋冬商戦向けの新製品を発表。2019年10月25日から順次発売する。ラインアップはスマートフォン「Xperia 5」「LG G8X ThinQ」「AQUOS sense3 plus」「AQUOS zero2」の4機種に、「キッズフォン2」を加えた計5機種。(2019/10/17)

ソフトバンクから「LG G8X ThinQ」登場 2画面ケースも付属
LGエレクトロニクスの“外付け”2画面スマホが、ソフトバンクから発売されることになった。日本向けのカスタマイズとして、テレビチューナーとおサイフケータイを搭載している。(2019/10/17)

ソフトバンク傘下SprintとT-Mobile合併をFCCが承認 残るは18州の訴訟終了
米携帯キャリア3位のT-Mobileと4位でソフトバンクグループ傘下のSprintの合併を、米連邦通信委員会(FCC)が承認した。あとはニューヨーク州など18州による合併反対の訴訟を終了すれば、合併は完了する見込みだ。(2019/10/17)

SB C&Sが「Pixel 4」「Pixel 4 XL」用アクセサリーを10月24日発売 純正アクセサリーも取り扱い
SB C&Sが、発表されたばかりの「Pixel 4」「Pixel 4 XL」に対応するケースや保護ガラスを発売。Google純正ケースの他、自社の「SoftBank SELECTION(ソフトバンクセレクション)」からもアクセサリーを販売する。(2019/10/16)

「Pixel 4」は日本版もeSIMに対応 ソフトバンクはSIMロック解除が必要
Googleの最新スマートフォン「Pixel 4」と「Pixel 4 XL」が発表された。日本モデルで初めて「eSIM」に対応したことも大きなトピックだ。ソフトバンクが販売するモデルもeSIM自体は利用できるが、SIMロック解除が必要になる。(2019/10/16)

「Pixel 4/4 XL」が10月24日に発売 税込みで約9万円から ソフトバンクも取り扱い
Googleが10月16日、新型スマートフォン「Pixel 4」「Pixel 4 XL」の日本発売を発表した。16日からGoogleストアで予約を受け付け、24日から購入できる。Googleの他、ソフトバンクも取り扱う。(2019/10/16)

ソフトバンクが法人向けスマホ「DIGNO BX」「AQUOS sense3 basic」を11月中旬に発売
ソフトバンクが11月中旬に法人向けスマートフォンを2機種発売する。耐久性に優れて長期間使用できる「DIGNO BX」と大容量バッテリーとIGZO液晶を搭載した「AQUOS sense3 basic」の2機種を投入する。(2019/10/15)

携帯販売ランキング(9月30日〜10月6日):
「iPhone 8(64GB)」、約1年10カ月ぶりに首位から陥落
「iPhone 11」「iPhone 11 Pro」「iPhone 11 Pro Max」発売3週目。あれほど強かった「iPhone 8(64GB)」がついにトップの座を譲った。1位はソフトバンクの「iPhone 11 Pro(256GB)」。(2019/10/12)

KDDI、1都3県でWi-Fiスポットを順次無料開放 台風19号接近を受け【追記あり】
ソフトバンクは台風第19号による影響が確認され次第、千葉県全域でWi-Fiスポットを無料開放する方針。(2019/10/11)

ソフトバンクC&Sがシャオミ系家電メーカー3社と提携 日本でロボット掃除機やスマート照明を販売
ソフトバンクC&Sが中国Xiaomi系列のIoT家電メーカー3社の製品を取り扱う。第1弾はロボロックのロボット掃除機「Roborock S6」で、10月18日から家電量販店などで販売する。(2019/10/11)

ソフトバンク、未発表の「Pixel 4」を誤掲載か オンラインショップでサムネイル画像を公開
ソフトバンクのオンラインショップで、未発表の米Google製スマートフォン「Pixel 4」とみられる製品画像が誤って掲載されていたことが分かった。(2019/10/11)

ドコモ、KDDI、ソフトバンクが台風19号の対策を発表 移動基地局車や充電サービスなど
NTTドコモ、KDDI、ソフトバンクの3キャリアは、台風第19号の接近に伴う対策を発表した。移動電源車や移動基地局車の配備を進める。ショップで無料で充電可能なサービスも提供する。(2019/10/11)

ドコモ、au、ソフトバンク 台風19号に先立ち災害対策・支援策を発表
台風19号の接近に備えてすでに準備が進められています。(2019/10/11)

携帯3キャリア、台風対策発表 移動基地局車を配備 ショップでは無料充電サービスも
NTTドコモ、ソフトバンク、KDDIの3社は、10月12日〜13日に日本列島に上陸すると見られる台風19号に備えた対策・支援体制をそれぞれ発表した。(2019/10/11)

Mobile Weekly Top10:
MNOが運営するMVNOはあり? なし?/楽天モバイルがMNOサービスの「サポーター」を募集
10月からMNOとして一歩を歩み出した楽天モバイルですが、当面の間はMVNOサービスも並行して提供する見通しです。その他、KDDI、沖縄セルラー電話やソフトバンクも関連会社を通してMVNOサービスを提供しています。「MNOによるMVNOサービス」に良い顔をしていないのが、多くのMVNOに回線を提供しているNTTドコモです。(2019/10/8)

Y!mobileの秋冬モデルは“価格”重視 「2万円以内の端末割引」も適用
ソフトバンクが10月7日、Y!mobileブランドでの2019年秋冬モデルを発表した。新機種はミッドレンジを中心にそろえ、端末割引を含めると、1万円未満で購入できるモデルもある。Y!mobileでは初となる「Xperia 8」も投入する。(2019/10/7)

Y!mobileが取り扱い:
ミッドレンジの「Xperia 8」登場 21:9の6型液晶やデュアルカメラを搭載【写真追加】
ソニーモバイルコミュニケーションズが10月7日、Xperiaシリーズの新モデル「Xperia 8」を発表した。また同日に、ソフトバンクがY!mobileブランドで取り扱うことを発表した。21:9の6.0型液晶ディスプレイや、広角+望遠のデュアルカメラを搭載する。(2019/10/7)

石川温のスマホ業界新聞:
消費者庁が「最大半額オフ」に注意喚起――同プログラムはすでに数年間提供中。なぜ「いまさら」なのか
消費者庁が9月26日、携帯電話端末の「最大半額(50%)オフ」広告に関する注意喚起を行った。事実上、auとソフトバンクが実施している「48回払い」と「下取り」を組み合わせた購入プログラムに注意を促した格好だが、何の意味もない、不毛な措置といえるだろう。(2019/10/4)

Mobile Weekly Top10:
SIMロック解除、本当にニーズないの?/「AQUOS zero2」はスマホゲーマーの心をつかめるか?
今から約6年前、ソフトバンクモバイル(当時)の孫正義社長(当時)が「SIMロック解除には需要がない」と言いました。そのSIMロック解除の要件は徐々に緩和されてきたわけですが、それでもまだ、解決すべき課題はあります。(2019/10/3)

総務省、“半額免除施策”の販売手法を見直すようKDDIとソフトバンクに要請
総務省は10月1日、KDDIとソフトバンクに対し、割賦で端末を販売する際の手法を見直すよう要請した。問題視するのが、KDDIとソフトバンクが提供する、半額免除プログラム。同プログラムの収支やSIMロック解除の状況について報告することも要請している。(2019/10/1)

WeWork、IPO申請を撤回
ソフトバンクも出資するWeWorkが、8月に申請した株式公開を撤回すると発表した。SEC提出文書で大きな損失と企業構造の問題が明らかになり、批判が高まっていた。(2019/10/1)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。