ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「ソフトバンク」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

-こちらもご覧ください-
ソフトバンクモバイル - ITmedia Mobile
質問!SoftBank→ITmediaのQ&Aサイト「質問!ITmedia」でSoftBank関連の質問をチェック
「ソフトバンク」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

自動運転技術:
自動運転車が高速道路にスムーズに合流、5GとセルラーV2Xで
ソフトバンクとSUBARU(スバル)は2020年11月24日、5G(第5世代移動通信)とセルラーV2X(モバイルネットワークによる車車間、路車間、歩車間通信)を活用した自動運転車の合流支援に成功したと発表した。(2020/12/1)

ドコモ、料金値下げやサブブランド導入の報道に「決定したものはない」とコメント
NTTドコモが料金プラン値下げの最終調整に入った――と11月30日に日本経済新聞が報道。これに対して、ドコモは「当社が発表したものでない」「決定したものはない」とコメント。政府の携帯料金値下げに対し、KDDIはUQ mobile、ソフトバンクはY!mobileで新料金プランを発表している。(2020/11/30)

ソフトバンク、横浜「動くガンダム」施設に5G導入 コクピットからの景色をVRで一望
ソフトバンクは、配信サービス「5G LAB」で「GUNDAM FACTORY YOKOHAMA」のイベント会場に行かなくても楽しめるコンテンツを提供。「実物大『動くガンダム』パイロット視点VR」などを順次配信する。(2020/11/30)

au PAYで再び20%還元、au契約者は住宅ローン優遇 KDDIが金融事業で“大盤振る舞い”の狙いは
KDDIが、金融事業で“大盤振る舞い”に踏み切る。「au PAY」で大規模な還元策を打ち、au契約者は住宅ローンの金利を引き下げる。ソフトバンク系の「PayPay」などが先行する中、ユーザーのメリットを充実させて競争力を高める狙い。(2020/11/30)

実物大ガンダム視点で横浜の街を一望 ソフトバンクが5G活用で
ソフトバンクが“動く実物大ガンダム”の視界を5G通信で共有するVRコンテンツを発表。コックピットに乗り込んだような体験ができる。(2020/11/30)

武田総務大臣が大手キャリアの「ブランド間乗り換え」の問題点を指摘 KDDIとソフトバンクはどう受け止めた?
11月27日付の記者会見で、武田良太総務大臣が「格安(サブ)ブランド」に関する問題点を指摘した。当事者であるKDDIとソフトバンクの、本件に関するコメントを掲載する。(2020/11/27)

福岡ソフトバンクホークスの日本一記念キャンペーン 最大31.5万円相当のPayPayボーナスなど
ソフトバンクらは、福岡ソフトバンクホークスのSMBC日本シリーズ2020の優勝を記念した「ソフトバンクホークス 日本一キャンペーン」を順次開催。PayPayボーナスやTポイント、クーポンのプレゼントや割引セールなどを行う。(2020/11/26)

ソフトバンク、VRを活用して新人アーティスト発掘 全国約40カ所のライブハウスにVR設備導入
ソフトバンクが、VRで視聴できる新人アーティスト発掘コンテストを行う。これに伴い、全国約40カ所のライブハウスにVRを収録、配信できる設備を導入したという。(2020/11/25)

携帯料金、サブブランドのみの値下げは「羊頭狗肉」 武田総務大臣が批判
武田良太総務大臣が、11月20日の会見で携帯料金値下げについて言及した。ソフトバンクとKDDIがサブブランドで新プランを発表したが、メインブランドで値下げをしないことを問題視。「形だけが割安なプランはまったく意味がない」と批判した。(2020/11/20)

石川温のスマホ業界新聞:
KDDI、ソフトバンク、楽天モバイルがNTTのドコモ完全子会社化に物申す――今こそ見直したい10年前に頓挫したソフトバンク「光の道」構想
NTTドコモを完全子会社化するための手続きを進めるNTT。その動きに対して、KDDI、ソフトバンクや楽天モバイルなどが「意見書」を取りまとめて総務大臣に提出した。ここで思い出したいのが、ソフトバンク(現ソフトバンクグループ)の孫正義社長が唱えていた「光の道」構想だ。(2020/11/20)

社長の投稿に、絵文字で返事OK――「Slack」を全社導入したソフトバンクの活用術
ソフトバンクが10月に「Slack」を全社導入。現在は約5万アカウントでの利用を段階的に進めている。社内での活用法を、同社の宮内謙社長が解説した。(2020/11/18)

ソフトバンクが「Slack」全社導入 国内最大の約5万アカウント
ソフトバンクが10月から「Slack」を全社導入。従業員などを対象に、約5万アカウントの導入を段階的に進めているという。(2020/11/13)

ソフトバンク、Slackを全社5万人に導入
従業員などを対象に約5万アカウントを導入し、コミュニケーションの迅速化、活発化を図る。(2020/11/13)

プランが増えただけの携帯値下げ、本格競争は楽天通信網整う来夏?
政府が最優先課題とした携帯電話料金の値下げを巡り、KDDIとソフトバンクは新プランを導入して対応すると表明。値下げではなく料金プランが増えただけだが、政府もとりあえずは矛を収めた。価格競争が本格化するのは来夏以降になる見込みだ。(2020/11/12)

「公正競争を阻害する」 KDDIやソフトバンクらが“ドコモ完全子会社化”の意見申出書を提出
電気通信事業サービスを提供する28社が11月11日、NTT(持株)のNTTドコモ完全子会社化に関する意見申出書を総務大臣に提出した。ドコモの完全子会社化は公正競争を阻害するというのが趣旨。子会社化は阻止できないが、しっかり議論をすべきと主張している。(2020/11/11)

ドコモの子会社化にKDDIなど28社が意見書 総務大臣に提出 「公正な競争を阻害する」
NTTがNTTドコモを完全子会社化すると発表したことを受け、KDDIやソフトバンクなど28社が総務省に意見書を提出。通信市場の公正な競争環境の整備などを求めている。(2020/11/11)

クレカ不正利用をAIで検知、ソフトバンク子会社が開発 不審な場合は取引停止
SBペイメントサービスが、AIを活用してクレジットカードの不正利用を検知するサービスを開発し、EC事業者などを対象に提供を始めた。(2020/11/11)

ソフトバンク・ビジョン・ファンド2、独電動スクーターシェアサービスのTIERに大規模投資
ソフトバンク・ビジョン・ファンド2がドイツの電動スクーターシェアサービス企業TIER Mobilityの2億5000万ドルのCラウンド資金調達をリードした。(2020/11/11)

携帯値下げ、元は楽天対抗プラン 本格競争は楽天通信網整う来夏?
 菅義偉(すが・よしひで)政権が最優先課題とした携帯電話料金の値下げ−。KDDI(au)とソフトバンクが早々に格安ブランドで新プランを導入して対応すると表明し、政府もとりあえずは矛を収めた。だが、両社が打ち出したのは、今春の導入を検討したが、出す必要がなくなった「楽天対抗プラン」にすぎない。一気に盛り上がりをみせた割には、主力ブランドの値下げにまでは踏み込まず、本格的な料金競争は先送りになった。(2020/11/11)

携帯番号だけでやりとりできる「+メッセージ」、利用者2000万人突破
NTTドコモ、KDDI、ソフトバンクが提供する、電話番号だけで長文のメッセージなどが送受信できるモバイルアプリ「+メッセージ」の利用者が2000万人を超えた。(2020/11/10)

AI革命へ次の一手は 攻めに転じるソフトバンクG
投資先の株価回復に加え、米携帯電話大手TモバイルUSなどの株式売却益が寄与した。(2020/11/10)

ソフトバンクG、AmazonやFacebookへの投資に着手 孫社長「AI革命への投資会社になる」
ソフトバンクグループが、米Amazon.comや米Facebookなどの上場企業への投資に着手。孫正義社長は「AI革命への投資会社になる」と意気込んだ。(2020/11/9)

ソフトバンクG、上期純利益1兆8832億 AIへの投資強調
ソフトバンクグループ(G)が11月9日に発表した2020年4-9月期決算は、当期純利益が1兆8832億円となり、前年同期の4216億円から4.5倍に増加した。ビジョン・ファンドの投資事業が改善。前半期では215億円のマイナスとなっていた投資損益は、1兆3901億円へと回復した。(2020/11/9)

ソフトバンクが「スマホデビュープラン」の割引を改定 契約から1年間は月額900円(税別)から利用可能に
ソフトバンクが、11月11日に「スマホデビュープラン」の割り引き内容の一部を改定する。データ量上限が1GBの場合は、契約から1年目は月額900円(税別)から利用できるようになる。合わせて、「SoftBank学割」の内容も一部見直し、スマホデビュープランのデータ容量を2倍とする。(2020/11/9)

Y!mobileが新スマホを発表 「AQUOS sense4 basic」と「Android One S8」
ソフトバンクとウィルコム沖縄のY!mobileブランドから新たなスマートフォンが登場する。いずれもミドルレンジ(エントリー)クラスの機種で、バッテリー持ちをよくしていることが特徴だ。【訂正】(2020/11/9)

「iPhone 12 mini」「iPhone 12 Pro Max」の予約は6日22時から
Appleの「iPhone 12 mini」と「iPhone 12 Pro Max」の予約が11月6日22時にスタートする。発売は11月13日。予約はApple、NTTドコモ、KDDI、ソフトバンクで受け付ける。(2020/11/6)

ソフトバンクが5Gで無制限プランを提供へ 政府の値下げ要請はY!mobileでカバー
ソフトバンクは政府の値下げ要請に対して、20GBで4480円(税別)のプランをY!mobileで提供。3ブランドで小容量から大容量までをそろえているが、隙間だった20GBのプランを提供することでニーズに応えているとの認識だ。ソフトバンク本体で直接の値下げは想定していないようだが、5Gでの無制限プランを提供することを予定している。(2020/11/4)

ソフトバンク、5Gの「容量無制限プラン」提供へ 「後日きちんと発表」と宮内社長
ソフトバンクが近く、5Gの「容量無制限プラン」を提供する。宮内謙社長が決算会見で「後日きちんと発表する」と明らかにした。コロナ禍の影響で上半期の消費者向け通信事業は減収だったが、立て直しを目指す。(2020/11/4)

ソフトバンクが「iPhone 12 mini」「iPhone 12 Pro Max」の直営店価格を発表 9万6480円/15万1920円(税込み)から
ソフトバンクはが11月13日に発売する「iPhone 12 mini」「iPhone 12 Pro Max」の直営店価格を発表した。iPhone 12 miniは9万6480円から、iPhone 12 Pro Maxは15万1920円(税込み、以下同)からとなる。(2020/11/4)

石野純也のMobile Eye:
Y!mobileとUQ mobileの「20GBプラン」が担う役割 メインブランドとの差別化が課題か
KDDIとソフトバンクがサブブランドの20GBプランを発表した。実は20GBプランへの対応の仕方は2社で異なる。サブブランドの役割や新料金プランの狙いをあらためて解説する。(2020/10/31)

ソフトバンクが「iPhone 12 mini」「iPhone 12 Max Pro」を11月13日発売 予約受付は11月6日22時から
ソフトバンクが「iPhone 12 mini」「iPhone 12 Max Pro」の発売時期と事前販売予約について案内した。価格は後日改めて発表される。(2020/10/30)

政府の値下げ要請 ドコモが応えるのは12月以降?
KDDIとソフトバンクが立て続けに「サブブランド」の新料金プランを発表した。総務省(政府)の方針を受けた動きだが、サブブランドを持たないドコモはどのように対応するのだろうか。第2四半期の決算説明会での質疑応答の様子を見てみよう。(2020/10/29)

本田雅一の時事想々:
菅首相の“ケータイ値下げ”は、格安SIM市場の崩壊を招く ドコモにも副作用
KDDIのUQモバイル、ソフトバンクのY!mobileが低価格の大容量プランを発表した。菅首相の「ケータイ値下げ」が一定の範囲で実現したことになるが、こうした政治の介入が、いわゆる格安SIM市場の崩壊を招くかもしれない。(2020/10/29)

携帯大手2社は値下げせず、中容量の新プラン 競争活発化は不透明
政府の携帯電話料金の値下げ要請に対し、KDDIとソフトバンクは値下げではなく低価格帯の新プランを導入して対応することになった。値下げ競争の活発化につながるかは不透明だが政府は一定の評価をしているという。(2020/10/29)

LINEモバイルが「iPhone SE(第2世代)」を発売 4万6800円(税別)から
LINEモバイルが10月28日、「iPhone SE(第2世代)」の取り扱いを開始した。価格(税別)は64GBが4万6800円、128GBが5万1800円。ソフトバンク回線でのみ購入できる。(2020/10/28)

PayPayボーナスなどが当たる「ソフトバンクホークス 優勝キャンペーン」開催
ソフトバンクらは、福岡ソフトバンクホークスの2020年度パ・リーグのペナントレース優勝を記念した「ソフトバンクホークス 優勝キャンペーン」を順次開催。PayPayボーナスが当たるキャンペーンやセール・クーポン配布などを行う(2020/10/28)

ワイモバイル、月20GB・4480円の新プラン 12月下旬に提供 MNP転出手数料は撤廃
ソフトバンクが、ワイモバイルのスマートフォン向け新料金プラン「シンプル20」を発表。月間データ容量は20GBで、基本料金は4480円(税別)。12月下旬から提供する。(2020/10/28)

ソフトバンクがY!mobile向けに20GBの新プランを提供、来春にMNP手数料を完全撤廃
ソフトバンクが、Y!mobile向けの新料金プラン「シンプル20」を12月下旬以降に提供する。月額4480円で20GBまでの高速データ通信を利用できる。あわせて、2021年春にMNP手数料を撤廃することも発表した。(2020/10/28)

製造マネジメントニュース:
ソフトバンクと日本通運、物流事業者向け配車支援サービス提供開始
ソフトバンクと日本通運が共同設立した物流事業者向け配車支援サービスを提供する新会社「MeeTruck」が、トラック輸送を行う物流事業者向けのクラウド型配車支援サービスの提供を開始した。(2020/10/28)

ヨドバシカメラの3店舗で「5G」が利用可能に マルチメディアAkibaは3キャリア共に対応
ヨドバシカメラの3店舗において、大手キャリアの5G通信を利用できるようになった。東京都千代田区の「マルチメディアAkiba」では、NTTドコモ、au、ソフトバンク全てのキャリアに対応している。(2020/10/23)

最新モデル:
iPhone12販売開始 4Gから5Gへの買い替え後押し
NTTドコモ、KDDI(au)、ソフトバンクの携帯大手3社と米アップルは23日、スマートフォーン「iPhone」の新型「12」シリーズ2機種の販売を開始した。(2020/10/23)

「SoftBank学割」が10月23日にスタート メリハリプランを半年間割り引き
ソフトバンクが、「ソフトバンク」ブランドにおける学割プログラムを発表した。2020年シーズンは、メリハリプランの月額料金を6カ月間割り引く。(2020/10/22)

太陽光:
年間2.8万世帯分を発電、北海道で蓄電池を併設する国内最大級のメガソーラー稼働
SBエナジーと三菱UFJリースは2020年10月16日、北海道二海郡八雲町で蓄電池併設型のメガソーラー発電所「ソフトバンク八雲ソーラーパーク」の営業運転を開始したと発表した。(2020/10/21)

「格安」受け皿もなく:
ドコモ困った、値下げプランどうする?
菅義偉内閣が求める携帯電話料金の値下げについて、ソフトバンクが5千円以下の新プラン創設を検討していることが明らかになるなど、携帯各社による対応が大詰めを迎えている。悩ましいのは、NTTドコモだ。(2020/10/18)

物流業界のDXを促進 トラック輸送事業者向けの配車支援サービスがスタート
ソフトバンクと日本通運が設立したMeeTruckは、トラック輸送を担う物流事業者に向けて配車支援サービスの提供を開始した。ユーザーは、Webアプリケーションで受注した運送業務の案件登録やトラックの割り当て、勤務計画表の作成などのサービスを利用できる。(2020/10/16)

ソフトバンクが「iPhone 12」「iPhone 12 Pro」の直営店価格を発表 約11.1万円(税込み)から 「トクするサポート+」適用可能
ソフトバンクが、10月16日21時から予約を受け付けるiPhone 12/12 Proの価格を発表。Appleの直販価格よりも高めの設定である代わりに、48回払いの分割払いを前提とする「トクするサポート+」を適用することができる。(2020/10/15)

ソフトバンク、日本通運と物流SaaSで新会社 配車やシフト管理を効率化
ソフトバンクが日本通運と共同で物流業界のDXを支援する新会社「MeeTruck」を設立したと発表した。輸送トラックの配車支援サービスをSaaSとして提供する。(2020/10/15)

iPhone 12、楽天モバイルの取り扱いは「現時点で予定なし」
iPhone 12シリーズは、国内ではNTTドコモ、KDDI、ソフトバンクの3キャリアが扱う。気になるのが楽天モバイルの動きだが、現時点でiPhone 12シリーズを販売する予定はないという。(2020/10/14)

ドコモ、au、ソフトバンクも「iPhone 12シリーズ」を取り扱い 予約開始日・発売日まとめ
日本時間の10月14日深夜に発表されたiPhone 12シリーズ。AppleのWebサイトによるとNTTドコモ、au、ソフトバンクも取り扱うことになっている。発売状況を簡単にまとめる。【更新】(2020/10/14)

POSシステムなどと連携:
アプリで管理する“IoTカメラ”、ソフトバンクが開発 不正なレジ操作の発見や混雑度の可視化に
ソフトバンクは10月14日、専用アプリで管理をするIoTカメラ「スマートAIカメラ」の提供を始めた。カメラには動体検知センサーを搭載している。外部のシステムと連動することで、店舗やオフィスの不正なレジ操作の発見、温度や湿度の管理、混雑度の可視化など、多様な用途に使える。(2020/10/14)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。