ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「ソフトバンク」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

-こちらもご覧ください-
ソフトバンクモバイル - ITmedia Mobile
質問!SoftBank→ITmediaのQ&Aサイト「質問!ITmedia」でSoftBank関連の質問をチェック
「ソフトバンク」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

石川温のスマホ業界新聞:
ソフトバンク・寺尾氏がeSIMに対する本音を吐露――「僕はやりたかった。でも急いでやってはいけなかった」
ソフトバンクが、LINEMOブランドにおいて「3GBで980円(税別)」の新プランを発表した。それに合わせて、同社でY!mobileブランドとLINEMOブランドを統括する寺尾洋幸氏が取材に応じた。その中で、「ソフトバンク(SoftBank)」ブランドでも導入が始まったeSIMについて“本音”を語る場面があった。(2021/7/23)

不正アプリをインストールしてしまったら? 携帯各社がフィッシング詐欺へ注意喚起
NTTドコモ、KDDI、ソフトバンク、楽天モバイルは、通信事業者などを装うフィッシング詐欺へ注意喚起。被害を防ぐためにユーザーが注意すべき点や、不正なサイトへのアクセスや不正アプリのダウンロード時の対応についても案内している。(2021/7/21)

4キャリアで比較! 最新Androidスマートフォンの価格まとめ(2021年夏編)
ドコモ、au、ソフトバンク、楽天モバイルの2021年夏商戦向けスマートフォンが出そろった。ミッドレンジからハイエンドまで、バランスよくそろっているが、端末価格はどれくらいか。4キャリアの最新Androidスマートフォンの価格をまとめた(全て税込み)。(2021/7/20)

スマホユーザーが最も利用するポイントサービスは「楽天ポイント」 ドコモのみ「dポイント」が優勢
MMD研究所が7月20日、スマホユーザー合計4000人を対象に「楽天ポイント」や「dポイント」といったポイントサービスの利用状況の調査結果を発表した。auには「Pontaポイント」、ソフトバンクには「Tポイント」がひも付いているが、それを大きく超えて楽天ポイントが利用されている。(2021/7/20)

「上場企業の役員報酬額ランキング」最終結果発表 最高額は18億8200万円、トップ10に外国人が7人
「上場企業の役員報酬額ランキング」最終結果が発表。最高額はソフトバンクGのサイモン・シガース取締役の18億8200万円だった。(2021/7/20)

非地上系ネットワーク(NTN)戦略:
ソフトバンク、3本柱の衛星戦略でグローバル展開へ
ソフトバンクがその将来の一部を賭けているのは、日本という国内市場をはるかに超えて顧客の役に立てるような、宇宙から提供されるサービスである。(2021/7/19)

石野純也のMobile Eye:
3GBプランで攻勢をかけるLINEMO MVNOからのユーザー流入が進む可能性も
ソフトバンクがLINEMO向けに、月額990円で3GBの「ミニプラン」を提供開始した。ミニプランを導入することで、競合のMNOに加え、MVNOユーザーの流入も見込める可能性が高い。前身のLINEモバイルと比べ、ユーザー数の伸びが大きく拡大しているLINEMOだが、週単位で細かな改善を繰り返す開発体制がそれを支えているという。(2021/7/17)

「AQUOS R6」、アップデートでカメラのHDR画質や背景ぼかしを改善
NTTドコモとソフトバンクは「AQUOS R6」のソフトウェアアップデートを実施。カメラのHDR画質を改善し、背景ぼかしやオートフォーカスの精度向上を行う。(2021/7/16)

LINEMOの月額990円/3GBプランはどれだけ安い? サブブランドやMVNOと比較してみた
ソフトバンクの「LINEMO」に月額990円で利用できる3GBプランが登場。月額990円という料金は、Y!mobileやUQ mobileを意識したことがうかがえる。MVNOと比べても遜色のない安さだ。(2021/7/15)

LINEMO、容量3Gの「ミニプラン」提供開始 990円
ソフトバンクはLINEMOの新しい料金サービスとして、7月15日からデータ通信利用の少ない人向けに「ミニプラン」の提供を開始すると発表した。3Gバイトのデータ容量と「LINE」使い放題で、基本料金は月額990円。(2021/7/15)

ソフトバンクの「LINEMO」に月990円・3GBの新プラン
ソフトバンクが、携帯料金のブランド「LINEMO」で新プラン「ミニプラン」の提供を始めた。データ容量は3GBで、利用料は月額990円。メッセージアプリ「LINE」のデータ通信はカウントしない。5G通信やeSIMにも対応する。(2021/7/15)

ソフトバンク、LINEMOに月額990円の3GBプランを追加 低容量のニーズもカバー
ソフトバンクがLINEMOのプランを改定し、月額990円(税込み)の3GBプランを追加する。LINEモバイルでは約8割のユーザーが3GB以下の通信にとどまっていることから、低容量のプランを新設した。月間の通信容量が3GBを超えた場合、通信速度は300kbpsに制限される。(2021/7/15)

Mobile Weekly Top10:
「Xperia 1 III」が一番安いキャリアは?/最近フィッシング目的のメールやSMSが多い件
7月9日、ソニー製スマートフォン「Xperia 1 III」がNTTドコモ、au、ソフトバンクから発売されました。ミリ波対応と高性能なカメラを備えるせいか、価格は高め。少しでも安く買いたい場合、どのキャリアがいいのか迷いますよね……。(2021/7/14)

ソフトバンク、5Gの次世代「6G」のコンセプト公開 「圏外をなくす」「ベストエフォートからの脱却」など
ソフトバンクは7月14日、同社が目指す第6世代次世代通信システム(6G)のコンセプトを公開した。「ベストエフォート型から脱却する」など12の目標を掲げ、2030年までの実現を目指す。(2021/7/14)

ソフトバンクが6G開発に向けた計画を公開 空中含む「エリア100%」や量子コンピュータ対策も
ソフトバンクが7月14日、5Gの次世代通信を担う「6G」についての12の計画を公開した。社会インフラとして重要な役割を担うモバイル通信をさらに発展させ、山間部や海上などを含む地球全体を通信エリア化するという。2030年に実用化が予想されている量子コンピュータへの対策やCO2排出の「ネットゼロ」にも言及している。(2021/7/14)

ソフトバンクがeSIMの提供を開始 PixelやiPhoneなどが対象
ソフトバンクが組み込み型のSIMカード「eSIM」の提供を始めた。対応機種は「iPhone XS」や「XR」以降のiPhone、「Pixel 4」以降のPixelシリーズ。(2021/7/14)

ソフトバンクが「eSIM」の発行を開始 現行プランで利用可能
ソフトバンクが、「SoftBank(ソフトバンク)」ブランドの4G LTE/5G携帯電話サービスでeSIMの発行に対応した。既存ユーザーはソフトバンクショップで手続きをすることでeSIMに移行できる(要手数料)。(2021/7/14)

ライカのスマートフォン「Leitz Phone 1」、7月16日に発売
ソフトバンクが、ライカ(Leica)のスマートフォン「Leitz Phone 1(ライツフォン ワン)」を7月16日に発売する。Leitz Phone 1は、ライカがハードウェアからソフトウェアまでトータルで監修した初のスマートフォン。価格は18万7920円(税込み)。(2021/7/12)

石川温のスマホ業界新聞:
武田総務相「今春値下げで年間4300億円の国民負担軽減につながった」――KDDIとソフトバンクは年間6〜700億円の収益減。計算は合うのか?
武田良太総務大臣が「携帯電話の料金値下げで年間4300億円の国民負担軽減につながった」という旨の発言をした。しかし、携帯キャリアの減収予測を積み重ねても、そこまでの額にならない。一体、何を根拠にしたのだろうか?(2021/7/9)

Evernote創業者によるWeb会議ツール「mmhmm」、ソフトバンクGなどから1億ドルのBラウンド増資
Evernote創業者のフィル・リービン氏率いるmmhmmが1億ドルを調達した。ラウンドB増資をリードしたのはソフトバンクビジョンファンド。年内にiOSおよびAndroid版もリリースする計画だ。(2021/7/8)

ソフトバンクが5G対応「Pocket WiFi」の新モデルを発売 ソフトバンクとY!mobileの両ブランドで
ソフトバンクが、ソフトバンク(SoftBank)とY!mobileの両ブランドから5Gモバイルルーターを発売する。Wi-Fi機器との通信は2.4GHz帯と5GHz帯の両方に対応し、容量5300mAhのバッテリーを搭載する。(2021/7/8)

3キャリアが7月9日に発売する「Xperia 1 III」、最も安いのは?
ドコモ、au、ソフトバンクから、ソニー製5G対応スマートフォン「Xperia 1 III」が7月9日に発売される。4K HDR対応有機ELディスプレイや一眼レフのシステムを継承するカメラなど高い性能を持った端末だが、各キャリアで契約した場合の価格はどうだろうか。(2021/7/8)

ゆうちょ銀行は後日対応:
LINEMOが「口座振替」での支払いに対応 サービス申し込み時のみ受け付け
ソフトバンクのオンライン専用ブランド「LINEMO(ラインモ)」の月額料金が、口座振替でも支払えるようになった。ただし、サービスの申し込み時のみ選択可能で、契約後に選択することはできない。また、ゆうちょ銀行への対応は後日となる。(2021/7/6)

宮崎県えびの市が携帯3社と連携して「臨時ショップ」を開設 過疎化対策と高齢者支援を目的に
宮崎県えびの市は、NTTドコモ、KDDI(au)、ソフトバンクと連携してえびの駅に「臨時ショップ」を開設する。同市にはキャリアショップを含む携帯電話の販売代理店がなく、少子高齢化、過疎化や高齢者支援といった課題を解決する一環として臨時ショップの開設に至ったという。(2021/7/6)

Y!mobileが「iPhone 11(64GB)」を7月9日発売 6万9840円
ソフトバンクが、Y!mobile向けに「iPhone 11」を7月9日に発売する。カラーはパープル、グリーン、イエロー、ブラック、ホワイト、PRODUCT(RED)の6色を用意する。一括価格は6万9840円(税込み)。(2021/7/6)

ソフトバンク、「Xperia 1 III」を7月9日に発売 18万8640円
ソフトバンクは、7月9日に同社初の5Gミリ波に対応したスマートフォン「Xperia 1 III」を発売。120Hzのリフレッシュレートに対応した4K HDR対応有機ELディスプレイや可変式望遠レンズを搭載している。(2021/6/30)

ソフトバンクが7月上旬から富士山頂で「SoftBank 5G」を提供 登山シーズン中
ソフトバンクは、7月上旬から富士山頂や山小屋における携帯電話のエリア化を行う。2021年は、富士山頂の一部エリアで「SoftBank 5G」を提供する。(2021/6/30)

携帯3社、企業向けSMS番号を共通化 個人への案内番号を1本に
NTTドコモ、KDDI、ソフトバンクは企業が使うSMS番号を共通化すると発表。個人ユーザーの契約キャリアに関係なく同じ番号で企業に返信や問い合わせができるという。(2021/6/28)

携帯各社、企業のSMS番号を共通化 双方向コミュニケーションが容易に
NTTドコモ、KDDI(au)、ソフトバンクは、個人ユーザーが企業とSMSを送受信するために利用する番号の共通化を発表。6月28日から順次提供し、楽天モバイルも本共通化への参画を検討するという。(2021/6/28)

Mobile Weekly Top10:
PayPayが4000万ユーザー突破/Leitz Phone 1は日本だけ、ソフトバンクだけ
ソフトバンクグループ、ソフトバンクとヤフーが合弁で展開する「PayPay(ペイペイ)」が、4000万ユーザーを突破しました。今後、取り扱い店舗の増減がどうなるか注目です。(2021/6/25)

ソフトバンクのiPhone向けメールで障害 受信に遅延発生、送信は通常通り 原因は調査中【復旧済み】
ソフトバンクはiPhone向けのメールサービス「Eメール(i)」でメールが受信に遅延が発生していると発表した。送信は通常通り利用できる。(2021/6/25)

ソフトバンクの「Eメール(i)」で障害発生中 受信に遅延【回復済み】
ソフトバンクがiPhone向けに提供しているEメールサービスにおいて障害が発生している。送信は問題ないものの、受信に遅延が生じているという。(2021/6/25)

石川温のスマホ業界新聞:
キャリアがいるからこそ、個性的で革新的なデバイスが生まれるのではないか――端末と通信の完全分離は時代錯誤の政策でしかない
Leica(ライカ)が、初めてのスマートフォン「Leitz Phone(ライツフォン) 1」を発売する。実際の開発は「AQUOS R6」で技術供与先になったシャープが担当しているが、この話を最初に持ちかけたのは何とソフトバンクだという。(2021/6/25)

上場企業の役員報酬額ランキング 最高額はソフトバンクGのサイモン・シガース取締役の18億8200万円
上場企業、役員報酬額の最高額はソフトバンクグループのサイモン・シガース取締役の18億8200万円――。2位に同社のマルセロ・クラウレ副社長執行役員COOの17億9500万円、3位にトヨタ自動車のディディエ・ルロワ取締役の14億5100万円と続いた。(2021/6/24)

株主総会で孫正義節「情報革命の資本家」
ソフトバンクグループの孫正義会長兼社長は23日に開催した定時株主総会で、「人工知能(AI)を使った情報革命に注力したい」と述べ、同社や同社の傘下ファンドが進めている各国のAIベンチャー企業への投資を今後も続ける方針を強調した。(2021/6/24)

「スマホの料金はまだ下がる?」 「PayPayとLINE Payは統合するの?」株主の質問にソフトバンク宮川社長はどう答えた?
ソフトバンクが定時株主総会を開催した。就任後初めて総会の議長に就いた宮川潤一社長は、株主からの質問にどう答えたのだろうか。(2021/6/22)

ソフトバンク、女性管理職を2035年度までに3倍に 委員会を発足
ソフトバンクが、2035年度までに管理職における女性の割合を21年度の約3倍に引き上げる目標を発表。達成に向け、女性役員や外部の有識者で構成される「女性活躍推進委員会」を発足する。(2021/6/22)

米Boston Dynamicsが韓国Hyundaiの傘下に SBG、保有株式の8割を売却
ソフトバンクグループ(SBG)は傘下のロボットメーカー米Boston Dynamicsの株式80%を韓国Hyundai Motor Groupに売却したと発表。残り20%の株式はSBGが引き続き保有する。(2021/6/21)

「業務スーパー」がAI導入、カートが商品をおすすめ ソフトバンクが協力
8月オープン予定の「業務スーパー天下茶屋駅前店」は、商品の品切れを自動検知するAIや、レコメンド機能付きのショッピングカートなどを導入。次世代型スーパーの実験店舗として、新しい買い物体験の創出を目指す。(2021/6/21)

「Leitz Phone 1」誕生の背景は? ライカとソフトバンクの思い
ライカ初のスマートフォン「Leitz Phone 1(ライツフォン ワン)」が7月以降、ソフトバンクから登場する。2019年7月にソフトバンクからライカにコンタクトを取り、開発がスタート。ライカは2016年頃からスマホカメラに注目しており、両者の思いが一致した。(2021/6/19)

写真で解説するライカスマホ「Leitz Phone 1」 AQUOS R6との違いは?
ソフトバンクが7月以降にライカのスマートフォン「Leitz Phone 1」を発売する。Leitz Phone 1の背面にはガラスを採用しているが、実際に触れるとガラスとは思えないマットな質感で仕上げられている。センサーは「AQUOS R6」と同じだが、Leitz Phone 1独自のカメラ機能も備えている。(2021/6/18)

ライカのスマホ「Leitz Phone 1」は単体購入可能、SIMロックなし
ライカ初のスマートフォン「Leitz Phone 1」はソフトバンク独占販売だが、他キャリアのユーザーも購入できる。回線契約の有無にかかわらず対象となる「トクするサポート+」の対象にLeitz Phone 1も含まれるため。SIMロックも掛かっていない。(2021/6/17)

ライカ初のスマホ「Leitz Phone 1」、ソフトバンクが発売 1インチセンサー搭載
ソフトバンクは独Leica(ライカ)が初めて全面監修した、5G対応のスマートフォン「Leitz Phone 1」を7月以降に発売すると発表した。18日から予約を受け付ける。(2021/6/17)

ライカ初のスマートフォン「Leitz Phone 1」登場 ソフトバンクが独占販売、18万7920円
ソフトバンクが、ライカ(Leica)ブランドのスマートフォン「Leitz Phone 1(ライツフォン ワン)」を7月以降に発売する。Leitz Phone 1は、ライカがハードウェアからソフトウェアまでトータルで監修した初のスマートフォン。メーカーはシャープが担当しており、1型のセンサーを搭載している。(2021/6/17)

ドコモは約11.6万円、ソフトバンクは約13.4万円――Leicaカメラ搭載の「AQUOS R6」が6月25日発売
シャープのハイエンド5Gスマートフォン「AQUOS R6」の発売日が6月25日に決まった。NTTドコモ向けモデル(SH-51B)、ソフトバンク向けモデル共に、発売記念のポイント(キャッシュ)バックキャンペーンも開催される。(2021/6/17)

3キャリアの「Xperia 1 III」、発売時期が「7月以降」に
NTTドコモ、KDDI、ソフトバンクは、ソニーのスマートフォン「Xperia 1 III」の発売時期を「7月以降」に変更している。当初、Xperia 1 IIIの発売時期は3キャリアとも「6月中旬以降」と案内していた。(2021/6/16)

自動走行ロボが青信号で交差点を横断 ソフトバンクと佐川急便が実験成功
ソフトバンクと佐川急便は、自動走行ロボットと公道の信号機を連携し、信号の表示を基に交差点を渡って荷物を配送する実験を4月下旬に行い、成功したと発表した。(2021/6/15)

ソフトバンクの「スマホデビュープラン」、データ容量を3GBに増量 16〜22歳も対象に
ソフトバンクは、6月16日申し込み分から「スマホデビュープラン」を料金そのままにデータ容量を3GBへ増量。併せて、16〜22歳もスマホデビュープランへ加入できる「U22おトクキャンペーン」も実施する。(2021/6/10)

ソフトバンク、人工衛星で宇宙・成層圏から通信ネットワーク展開へ 米スタートアップと協業
ソフトバンクは6月9日、宇宙空間や成層圏から通信ネットワークを提供するサービスの展開を目指し、衛星通信事業を手掛けるスタートアップの米Skylo Technologiesと協業すると発表した。(2021/6/9)

ゲオの中古スマホ5月ランキング 3キャリアの「iPhone 7」が販売トップ3
ゲオは、6月9日に「ゲオ中古スマートフォン5月月間ランキング」を発表。販売ランキングは「iPhone 8」は横ばいながら3キャリアとも「iPhone 7」が1位に。買い取りランキングはソフトバンクの「Redmi Note 9T A001XM」が伸びている。(2021/6/9)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。