ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「ソフトバンク」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

-こちらもご覧ください-
ソフトバンクモバイル - ITmedia Mobile
質問!SoftBank→ITmediaのQ&Aサイト「質問!ITmedia」でSoftBank関連の質問をチェック
「ソフトバンク」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

ソフトバンクとエリクソン、基地局外部から5Gネットワークの制御に成功 トラフィックの変動を高速検知
ソフトバンクとエリクソン・ジャパンは、基地局外部にある制御装置(サーバー)から5Gネットワークを高速かつ自動で最適化する機能の実証に成功。トラフィックの変動検知から最適化まで5分以内で実施できることを確認したという。(2024/2/22)

ソフトバンクの「すみっコぐらしスマホ」3月8日発売 予約受付開始
ソフトバンクは、3月8日に「すみっコぐらしスマホ」発売。ソフトバンクオンラインショップで3000台限定で取り扱い、2月22日から予約を受け付ける。(2024/2/21)

Y!mobileで「Pixel 7a」発売 一括5万5440円、MNPなどで3万1320円
ソフトバンクは2月19日、Y!mobileで「Google Pixel 7a」を取り扱うと発表した。Y!mobileによるPixelの販売は今回が初めて。既に予約受付が始まっており、22日に発売される。(2024/2/19)

Y!mobile初の縦折りスマホ「Libero Flip」発表 一括6万3000円で国内MNO最安値うたう
ソフトバンクは2月19日、Y!mobile初の折りたたみスマートフォン「Libero Flip」を発表した。Y!mobileオンラインショップ価格は6万3000円(税込み)。国内MNOとして29日から独占販売する。(2024/2/19)

PayPayミニアプリからスマホのデータ使用量や特典などを確認可能に Y!mobileのeSIM契約も
ソフトバンクとPayPayは、PayPayミニアプリ「スマホサービス」を順次提供。月額料金やデータ使用量などの利用状況の照会が可能なほか、通信サービス契約の手続きもY!mobileのeSIMから順次受け付ける。(2024/2/15)

「LINEMOフィーバータイム」開催 スマホプランで最大2万円相当のPayPayポイント還元
ソフトバンクは、2月14日に「LINEMOフィーバータイム」を開催。スマホプランなら合計最大2万円相当、ミニプランなら合計最大1万940円相当のPayPayポイントがもらえる。キャンペーン期間は2月29日まで。(2024/2/14)

ミーク、端末+SIMの提供を開始 第1弾はMVNO向けWi-Fiルーター
ミークは、SIM挿入済通信端末のキッティング、配送、回収をワンストップで行うサービスを提供開始。第1弾としてソフトバンク回線のMVNO向け「Wi-Fiルーター付き通信サービス」を開始する。(2024/2/14)

irumo、Y!mobile、UQ mobileのキャンペーンまとめ【2月11日最新版】 スマホを購入して高額還元をゲットしよう
ドコモのサブブランドirumo、ソフトバンクのサブブランドY!mobileと、auのサブブランドUQ mobileでは、メインブランドに劣らないキャンペーンを実施している。大手MNOのブランドでもあるため、PayPayポイントやau PAY残高でのポイント還元特典が多い。(2024/2/11)

法令改正で「Xperia 1 IV」のキャリア価格はどれくらい変わった? ドコモ、au、ソフトバンクの最安値【2月11日最新版】
「電気通信事業法第27条の3」に関する省令が2023年12月27日に改正された。「Xperia 1 IV」の価格はどれくらい変わったのか。各社オンラインショップにおける1回払い/実質負担額を比較した。(2024/2/11)

石野純也のMobile Eye:
ソフトバンクが“1年で実質12円”の購入プログラムを作った背景 約1年前から入念に準備も、厳密な運用は困難
2023年12月27日に電気通信事業法のガイドラインが改正されたことに伴い、ソフトバンクが新たな端末購入プログラムを導入した。「新トクするサポート(バリュー)」は、1年で端末を下取りに出すことで実質価格を抑えることが可能になるプログラム。同社がこのプログラムの仕組みを検討し始めたのは、1年前にさかのぼるという。(2024/2/10)

法令改正で「Pixel 8」の価格はどれだけ変わった? ドコモ、au、ソフトバンクの最安値【2月10日最新版】
「電気通信事業法第27条の3」の省令が改正されて、Pixel 8の価格はどう変わったか。ドコモは実質負担額をやや値上げ。auとソフトバンクは一括価格を値下げし、実質負担額もMNPなら100円を切っておりお得だ。(2024/2/10)

ahamo、povo、LINEMOのキャンペーンまとめ【2月10日最新版】 最大1万円相当の還元を見逃すな
ドコモ、au、ソフトバンクが提供しているオンラインブランド「ahamo」「povo」「LINEMO」は、安価に大容量通信が可能なのが特徴だ。キャンペーンを利用すれば、さらにお得にサービスを利用できる。(2024/2/10)

現行Androidスマートフォンの価格まとめ【2024年2月編】 auとソフトバンクのPixel 8がお得に、mineoの大特価セールにも注目
NTTドコモ、au、ソフトバンク、楽天モバイルの4キャリアに加え、MVNOやメーカーがオープンマーケット向けにもスマートフォンを投入している。2022年1月以降に発売されたAndroidスマートフォンの価格をまとめる。記事内の価格は全て税込み。(2024/2/10)

ソフトバンクが「Pixel 8(128GB)」「Xiaomi 13T Pro」を値下げ MNPなら2年で実質24円に
ソフトバンクが2月9日、「Pixel 8(128GB)」「Xiaomi 13T Pro」を値下げした。11万4480円から9万4320円に一括価格を変更。MNPで契約して2年後に端末を返却すると、実質負担額は24円になる。(2024/2/9)

アリババからAIへ、シフト鮮明に 四半期ベース黒字転換を果たしたソフトバンクG
ソフトバンクグループの第3四半期に純利益9500億円と黒字転換を果たした。後藤芳光CFOは「久しぶりの四半期ベースの黒字。ほっとしている」と安堵の表情をみせた。(2024/2/9)

ドコモ、au、ソフトバンク、楽天モバイルの端末セールまとめ【2月9日最新版】 iPhoneやPixelをお得に入手するチャンス
2月も上旬が終わりに近づき、各社がさまざまなキャンペーンを実施している。ドコモ、au、ソフトバンク、楽天モバイルが行っている、端末価格の割引キャンペーンを調べた。(2024/2/9)

大規模還元の「超PayPay祭」、2月16日〜4月15日に開催 最大25.5%還元やクーポン配布など
PayPay、LINEヤフー、ソフトバンクは2月8日、新たな還元キャンペーンとして「超PayPay祭」を発表した。開催期間は2月16日〜4月15日。6100万超のPayPayユーザーが、PayPayアプリやYahoo! JAPANのサービスをお得に利用できる。(2024/2/8)

ビジネス著者が語る、リーダーの仕事術:
ソフトバンク流 数値化仕事術のキ――ビジネスで本当に使える数値化仕事術
数値化仕事術の背景にあるツボとその活用について知って、ビジネスで本当に使える数値化仕事術を理解してほしい。(2024/2/8)

ソフトバンク、モバイル事業は前倒しで黒字化 宮川社長は“楽天モバイルの支援”にも言及
ソフトバンクは2月7日、2024年3月期第3四半期決算を発表した。国の要請による「携帯4割値下げ」以降、赤字続きだったモバイルの売上高がこの第3四半期に反転して増収に。質疑応答では、プラチナバンドを獲得した楽天モバイルを支援する意向を宮川社長が示した。(2024/2/7)

ソフトバンクの生成AIは「1兆パラメーター目指す」と宮川社長 “蒸留”して「研ぎ澄まされたLLMに」
ソフトバンク子会社のSB Intuitionsが開発している国産大規模言語モデル(LLM)は、1兆パラメーター超えを目指す──ソフトバンクの宮川潤一社長が見通しを語った。(2024/2/7)

法令改正で「Pixel 7a」のキャリア価格はどれくらい変わった? ドコモ、au、UQ mobile、ソフトバンク、Google Storeの最安値
「電気通信事業法第27条の3」に関する省令が2023年12月27日に改正された。「Google Pixel 7a」の価格はどれくらい変わったのか。各社オンラインショップにおける1回払い/実質負担額を比較した。(2024/2/7)

「+メッセージ」利用者数が4000万人を突破 25万円分の「えらべるPay」がもらえるスタンプコンテストを開催
NTTドコモ、KDDI、ソフトバンクの提供する「+メッセージ」の利用者数が4000万人を突破。これを記念し、最優秀賞に25万円分の「えらべるPay」を贈る「第2回『+メッセージ』スタンプイラスト募集コンテスト」を開催する。(2024/2/6)

ソフトバンク、「スマホなんでもサポート号」で被災者の困りごとをサポート 石川県輪島市の避難所などで
ソフトバンクは2月2日、「スマホなんでもサポート号(移動車)」を活用した支援策を発表した。スマホ教室に利用されている移動車が、石川県輪島市の避難所などへ出向く。同社は3日から、この移動車を活用し、スマートフォンの操作や災害情報の入手方法などの相談に応じるとしている。(2024/2/2)

WeWork Japanが民事再生の申立て 事業はソフトバンクが継承
これまで通りサービスを提供するとのこと。(2024/2/1)

ソフトバンク、3000台限定「すみっコぐらしスマホ」を3月上旬以降に発売
ソフトバンクは、3月上旬以降に「すみっコぐらしスマホ」を3000台限定で発売。「あんしんファミリースマホ」に専用壁紙や時計デザイン、フォトフレームなどを搭載し、ケースやスマホショルダーなども付属する。(2024/2/1)

WeWork Japanが民事再生へ ソフトバンクが事業承継 「サービスレベルや契約条件は変更しない」
WeWork Japanは2月1日、東京地方裁判所へ民事再生の申立てを行ったと発表した。今後同社の全事業は、ソフトバンクが新設する完全子会社のWWJに移管するという。(2024/2/1)

ソフトバンク、「あんしんファミリースマホ」を2月9日発売 交通系ICカード利用で保護者にメール
ソフトバンクは、2月9日に5G対応「あんしんファミリースマホ」を発売。約6.7型の有機ELディスプレイやトリプルカメラを搭載し、交通系ICカード利用通知サービス「タッチでメール」に対応する。(2024/2/1)

「Pixel 8」の新色「Mint(ミント)」発表 Google ストア、ソフトバンク、KDDIが販売
米Googleは、公式X(旧Twitter)の公式アカウントで予告していた「Pixel 8」の新色、「Mint(ミント)」を発表した。春らしいフレッシュな色だ。1月25日、日本のGoogle ストアとソフトバンクが取り扱いを発表した。(2024/1/25)

法令改正で「Xperia 1 V」のキャリア価格はどれくらい変わった? ドコモ、au、ソフトバンクの最安値
「電気通信事業法第27条の3」に関する省令が2023年12月27日に改正された。「Xperia 1 V」の価格はどれくらい変わったのか。各社オンラインショップにおける1回払い/実質負担額を比較した。(2024/1/22)

ソフトバンクの「iPhone 15(128GB)」がMNPで“実質12円”に 1年後の端末返却で
ソフトバンクが、「iPhone 15」を「新トクするサポート(バリュー)」の対象機種に加えた。このプログラムを適用すると、128GBモデルは1年間実質12円で運用できる。MNPでソフトバンクに移り、オンラインショップ割を適用することが条件。(2024/1/22)

4キャリアが能登半島地震のエリア復旧状況を説明 “本格復旧“を困難にしている要因とは
NTTドコモ、KDDI、ソフトバンク、楽天モバイルの4社が合同で、能登半島地震のエリア復旧状況について説明した。道路が寸断して通れない、基地局へ向かえないことで復旧が難航している。船上基地局や衛星通信なども活用しているが、本格復旧のめどは立っていない。(2024/1/19)

能登半島地震での通信障害、携帯各社で応急復旧が進む
能登半島地震の影響で、石川県の一部地域では依然として通信障害が発生している。各社は移動基地局車や衛星携帯電話サービスを活用して復旧作業を進めている。KDDI、ソフトバンク、楽天モバイルは1月15日に、NTTドコモは1月17日にネットワークが応急復旧したと発表した。(2024/1/17)

ソフトバンク、3Gサービスの終了を4月15日に延期 能登半島地震の影響で
ソフトバンクは令和6年能登半島地震の影響に伴い、3Gサービスの終了を1月31日から4月15日へ延期。被災地のユーザーを対象に終了日をさらに延期する場合は、決まり次第発表する。(2024/1/17)

ソフトバンク、3Gサービス終了を延期 能登半島地震受け
能登半島地震を受け、ソフトバンクは、3Gサービスの終了を、当初予定の1月31日から4月15日に延期すると発表した。(2024/1/17)

ソフトバンク、3Gサービス終了日を1月31日→4月15日に延期 能登半島地震で移行手続きが困難な状況を踏まえ
被災地の利用者を対象に終了日をさらに延期することも検討している。(2024/1/17)

法人向け高耐久スマホ「DuraForce EX」1月29日から順次発売 ドコモやソフトバンクほか
京セラは、1月29日から法人向け高耐久スマホ「DuraForce EX」を順次販売開始。落下や衝撃に強く電池交換が可能で、業務を効率化する多彩な機能を備える。NTTドコモ、ソフトバンク、SIMフリーモデル、Wi-Fiモデルを展開する。(2024/1/17)

「ソフトバンクのレノボ製Chromebook(旧モデル)」を9800円で買ってみた メリットとデメリットを探る
ソフトバンクショップに料金相談に出向いたところ、「Chromebook、いかがですか?」と勧められた。その誘いに乗って、レノボ・ジャパン製Chromebook(旧モデル)を税込み9800円で購入してみたので、そのメリットとデメリットを探る。(2024/1/15)

irumo、Y!mobile、UQ mobileのキャンペーンまとめ【1月14日最新版】 スマホの特価や高額還元を見逃すな
ドコモのサブブランドirumo、ソフトバンクのサブブランドY!mobileと、auのサブブランドUQ mobileでは、メインブランドに劣らないキャンペーンを実施している。大手MNOのブランドでもあるため、PayPayポイントやau PAY残高でのポイント還元特典が多い。(2024/1/14)

ahamo、povo、LINEMOのキャンペーンまとめ【1月13日最新版】 5000ポイント付与や3カ月実質無料を見逃すな
ドコモ、au、ソフトバンクが提供しているオンラインブランド「ahamo」「povo」「LINEMO」は、安価に大容量通信が可能なのが特徴だ。キャンペーンを利用すれば、さらにお得にサービスを利用できる。(2024/1/13)

現行Androidスマートフォンの価格まとめ【2024年1月編】 値引き規制後もお得に購入できるスマホは?
NTTドコモ、au、ソフトバンク、楽天モバイルの4キャリアに加え、MVNOやメーカーがオープンマーケット向けにもスマートフォンを投入している。2022年1月以降に発売されたAndroidスマートフォンの価格をまとめる。記事内の価格は全て税込み。(2024/1/14)

スマホ決済のお得な活用術:
PayPayポイントがザクザクたまるソフトバンクの「ペイトク」 そのお得度を試算した
ソフトバンクの料金プラン「ペイトク」は、PayPayで買い物したときのPayPayポイントの付与率が変わるプラン。使い放題の「ペイトク無制限」では+5%のポイントがたまる。この新たな「ペイトク特典」で、いったいどれくらい得できるのかをシミュレーションしてみた。(2024/1/12)

ドコモ、au、ソフトバンク、楽天モバイルの端末セールまとめ【1月12日最新版】 最新スマホ購入で高額キャッシュバックあり
1月を迎えたが、新年のこぎ出しは好調だろうか。ドコモ、au、ソフトバンク、楽天モバイルが行っている、端末価格の割引キャンペーンを調べた。(2024/1/12)

Beyond 5G/6G時代に向けて:
障害物があっても切れにくいテラヘルツ無線伝送を実証
岐阜大学とソフトバンク、情報通信研究機構(NICT)、名古屋工業大学らの研究グループは、300GHz帯テラヘルツ(THz)無線伝送において、自己修復特性を有する「ベッセルビーム」を用いることで、障害物がビーム中心を横切った場合でも通信が可能なことを実証した。(2024/1/12)

ソフトバンク、「moto g53s 5G」を1月19日に発売 基本料0円のシンプルスタイル向け
モトローラ・モビリティ・ジャパンはミッドレンジスマートフォン「moto g53s 5G」を発表した。ソフトバンクがシンプルスタイル向けに取り扱いを決めた。発売日は1月19日。(2024/1/11)

KDDIとソフトバンク、石川県能登町の通信障害が復旧(1月10日時点)
能登半島地震の影響により、石川県の一部地域で通信障害が続いている。原因は基地局の停電や伝送路の故障など。KDDIとソフトバンクでは、石川県鳳珠郡能登町の通信障害が復旧した。(2024/1/10)

ドコモ、KDDI、ソフトバンク、楽天、LINEヤフー、メルカリの募金情報まとめ Yahoo!基金では15億円を超える寄付も
2024年1月1日午後4時10分、石川県能登地方を震度7の地震が襲った。NTTドコモやメルカリなどは能登半島地震の被災者を支援するため、決済サービスやポイントを使った募金を呼びかけている。各社が案内する情報をまとめてお伝えする。(2024/1/10)

クラウドゲーミング「GeForce NOW」、ソフトバンク版が終了へ
ソフトバンクが、米NVIDIAと共同で提供するクラウドゲーミングサービス「GeForce NOW Powered by SoftBank」を3月29日に終了すると発表した。2月28日に新規登録などを停止し、3月29日にゲームをプレイできないようにする。(2024/1/9)

ソフトバンク、石川県で「Starlink Business」を無償提供 シャワーの入浴支援も
ソフトバンクは令和6年能登半島地震の影響に伴い、衛星ブロードバンドインターネット「Starlink Business」の無償提供と設置サポートを実施。能登町役場や茨城県 保健政策課(輪島市 健康増進センター)へ順次設置する。(2024/1/9)

ソフトバンク、有線給電ドローン無線中継システムを石川県の一部エリアで運用 “半径数km”のサービスエリアを確保可能
ソフトバンクは「有線給電ドローン無線中継システム」の運用を開始した。同社が1月6日に発表した。本システムは、災害発生時、携帯電話のサービスエリアを迅速に復旧するために活用するもので、石川県輪島市門前町の一部エリアで稼働する。(2024/1/6)

石野純也のMobile Eye:
法令改正で“実質値上げ”のスマホ、4キャリアはどう動いた? 24年の売れ筋に影響も
2023年12月27日に、電気通信事業法の施行規則が改正され、端末割引の制限が4万4000円に拡大した。その一方で、回線契約を伴う際の端末単体割引もこの範囲に含まれたことで、大手キャリア各社は価格の見直しを余儀なくされた。ソフトバンクは1年下取りを導入する一方で、ドコモは実質負担額を値上げしている。(2024/1/6)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。