ITmedia NEWS > 速報 >
ニュース
» 2009年04月21日 07時00分 公開

Gmailに送信先の候補を表示する機能

Googleは、この機能により重要な人を送信先から漏らしてしまったり、誰と誰にメールを送るか悩むことが減るとしている。

[ITmedia]

 米Googleは4月17日、ユーザーがGmailでメールを送信する際に送信先の候補を表示する機能を導入した。

 Gmail Labsで「Suggest more recipients」を有効にすると、この機能を利用できる。この機能は、ユーザーがメールを作成しているときに、送信先の候補リストを表示する。

送信者欄の下に「Also included:」として送信先候補が表示されている

 Gmailは送信先候補を、ユーザーが誰と誰によく一緒にメールを送っているかに基づいて決める。例えば、ユーザーがいつも両親と姉に一緒にメールを送っている場合、両親あてのメールを書き始めると、送信先候補として姉が表示される。表示された名前をクリックすると、送信者欄にその人のメールアドレスが挿入される。

 Googleは、この機能により重要な人を送信先から漏らしてしまったり、誰と誰にメールを送るか悩むことが減るとしている。

関連キーワード

Gmail | Google | Google Labs/Gmail Labs


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.