ITmedia NEWS > ネットの話題 >
ニュース
» 2013年02月05日 17時53分 公開

スーパーボウルの停電をすかさずTwitterでの宣伝に利用した企業たち

スーパーボウルはハーフタイム直後に停電で試合が中断する前代未聞の展開に。これを逆手に取ったツイートを効果的に流した企業が複数あった。

[ITmedia]

 今年のスーパーボウルはハーフタイム直後に停電で試合が約35分間中断するという前代未聞の展開だった。この間、テレビでは名場面のプレイバックやストレッチする選手たちの映像などでつないでいたが、これを逆手に取ったツイートを効果的に流した企業が複数あった。

photo

 例えば、製菓会社のOreoは「停電なんて、問題ない。暗闇でも(クッキーをミルクに)浸せるから」というキャッチを添えたクッキーの画像を、洗剤メーカーのTideは「停電は解決できないけどシミなら任せて(your black outとyour stain outが韻を踏む)」という画像付きのツイートを投稿した。いずれも、スーパーボウル中継番組の公式スポンサーでもある。

 スーパーボウルのテレビCM枠は30秒で約380万ドルだが、これなら(プロモートツイートではないようなので)恐らく無料な上、バイラル効果も絶大だろう。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.