ITmedia NEWS > 企業・業界動向 >
ニュース
» 2013年02月07日 20時19分 公開

ドコモ、ベンチャー投資を強化 ファンド設立

NTTドコモがベンチャー投資・支援事業を強化。ベンチャー支援を通じてスマートフォン向けサービスなどを充実させる。

[ITmedia]

 NTTドコモは2月7日、ベンチャー投資ファンドを運用するNTTインベストメント・パートナーズの全株式を親会社のNTT(持ち株会社)から譲り受け、ベンチャー投資・支援事業を強化すると発表した。ベンチャー支援を通じてスマートフォン向けサービスなどを充実させ、総合サービス企業への進化を加速させるとしている。

 NTTインベストメント・パートナーズの全株式を譲り受け、2月下旬に「ドコモ・イノベーションベンチャーズ」に社名変更。ベンチャー企業に出資するファンド「ドコモ・イノベーションファンド投資事業組合」(運用総額100億円)を設立・運営していく。

 ドコモ・イノベーションファンドはベンチャー投資に加え、起業家支援プログラム「ドコモ・イノベーションビレッジ」を展開。テーマに沿った技術やアイデアを持つチームを募り、開発助成金や共同オフィススペース、クラウドサーバなどを提供して支援する。

 また、米国のドコモ子会社DOCOMO Capitalは、米シリコンバレーのインキュベーター500 Startupsが運営するベンチャーファンドに出資。ドコモ・イノベーションビレッジでは、500 Startupsのパートナーによる講演などを行ったり、ベンチャー企業の北米・世界への進出を支援していく。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.