ITmedia NEWS > 社会とIT >
ニュース
» 2013年02月10日 07時17分 UPDATE

PC遠隔操作事件、都内の男に逮捕状との報道

PC遠隔操作事件に都内に住む30歳の男が関わった疑いが強まったとして合同捜査本部が逮捕状を取ったと複数の報道機関が報じている。

[ITmedia]

 PC遠隔操作事件で、都内に住む30歳の男が関わった疑いた強まったとして、警視庁などの合同捜査本部が威力業務妨害の疑いで逮捕状を取ったと、2月10日朝に複数の報道機関が報じている。同日にも取り調べ、容疑が固まり次第逮捕する方針という。

photo 「真犯人」から昨年11月に送られてきた写真

 報道によると、逮捕状が出たのは男は江東区に住む30歳の男。真犯人とみられる人物から1月5日に送られたメールを合同捜査本部が調べたところ、神奈川県・江の島にいた猫の首輪から遠隔操作プログラムなどが入ったSDメモリーカードを発見していた。防犯カメラには、よく似た猫に近づく不審な20〜30代の男性が写っており、捜査を進めていた。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.