ITmedia NEWS > ネットの話題 >
ニュース
» 2016年06月03日 19時18分 公開

“ゴーストライター騒動”佐村河内守氏に迫るドキュメンタリー「FAKE」 森達也監督15年ぶり新作

ゴーストライター問題で話題を集めた作曲家・佐村河内守氏に迫るドキュメンタリー映画「FAKE」が6月4日に公開。「A」の森達也監督15年ぶりの新作だ。

[ITmedia]

 ゴーストライター問題で話題を集めた作曲家・佐村河内守氏のドキュメンタリー映画「FAKE」が6月4日に公開される。オウム真理教をテーマにしたドキュメンタリー作品「A」で知られる森達也さんの15年ぶりの監督作だ。

photo FAKE

 聴覚障害を持ちながらゲーム音楽や交響曲を発表し、「現代のベートーベン」と称賛された佐村河内守氏。2014年に音楽家の新垣隆氏が18年間にわたり彼のゴーストライターとして作曲していたこと、佐村河内氏が楽譜を書けないこと、耳が聞こえていることなどを告発し、騒動となった。

 現在までメディア出演を断り続けている佐村河内氏の自宅でカメラを回し、素顔に迫るとともに、「はたして何が本当なのか? 誰が、誰をだましているのか?」というテーマを追う。特報映像では外国人ジャーナリストが「あなたはなぜ作り話を?」と佐村河内氏本人に直撃するシーンが収められている。

photo

森達也監督のコメント

 多くの人にご無沙汰しております。森達也です。

 肩書の一つは映画監督だけど、4人の監督の共作である「311」を別にすれば、本作「FAKE」は15年ぶりの新作ということになります。「下山事件」に「中森明菜」、「今上天皇」に「東京電力」など、撮りかけたことは何度かあったけれど、結局は持続できなかった。

 でも今年、やっと形にすることができました。映画で大切なことは普遍性。入口はゴーストライター騒動だけど、出口はきっと違います。誰が佐村河内守を造形したのか。誰が嘘をついているのか。真実とは何か。虚偽とは何か。そもそも映画(森達也)は信じられるのか……。

 視点や解釈は無数です。絶対に1つではない。僕の視点と解釈は存在するけれど、結局は観たあなたのものです。でもひとつだけ思ってほしい。様々な解釈と視点があるからこそ、この世界は自由で豊かで素晴らしいのだと。

 僕がドキュメンタリーを撮る理由は何か。もちろん一つではないけれど、最終的には「見て見て!こんなのできたよ!」です。すべての人に「見て見て!」とお願いしたい作品になりました。劇場でお待ちしております。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.