ITmedia NEWS > ネットの話題 >
ニュース
» 2016年06月22日 11時21分 公開

ネット党首討論で「不適切な発言」 主催者が「ニコニコ」上で謝罪

「ネット党首討論」主催者が、討論会で「不適切な発言があった」とし、「ニコニコ」上に謝罪文を掲載した。

[ITmedia]

 6月19日に開催された「ネット党首討論」を主催した「わっしょい!ネット選挙」は6月21日、討論会で「不適切な発言があった」とし、ドワンゴが運営する「niconico」のWebサイト上に謝罪文を掲載した。

画像 謝罪文
画像 niconicoトップページからリンクされている(赤枠は編集部)

 ネット党首討論では、司会の古市憲寿氏が、小沢一郎・生活の党と山本太郎となかまたち党首に対して「再婚相手は見つかったのか」などと、政策とは無関係なプライベートな質問を行い、小沢代表が激怒する一幕があった。

 謝罪文は「不適切な発言」の詳細を示していないが、古市氏のこの発言への謝罪とみられ、「出演者ならびに視聴者、関係各位に多大なご迷惑をお掛けしましたことを深くお詫び申し上げます」としている。

 「わっしょい!ネット選挙」は、ドワンゴやヤフー、サイバーエージェントなど10社で構成。ネット党首討論は、各党代表が参加して19日午後8時にスタートし、「ニコニコ動画」や「AbemaTV」などでライブ中継された。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.