ITmedia NEWS > STUDIO >
ニュース
» 2016年06月23日 10時10分 公開

Dropbox、iPhoneアプリに新[+]ボタンや画像スキャン→PDF化機能を追加

DropboxのiPhoneアプリに、Evernoteのようなドキュメントスキャン機能やアプリ内からMicrosoft Officeアプリを起動して文書を作成する機能などが加わった。また、デスクトップアプリを含むサービス全体で利用できる文書共有関連の新機能も追加された。

[佐藤由紀子,ITmedia]

 米Dropboxは6月22日(現地時間)、iPhoneおよびデスクトップ版アプリに、幾つかの生産性向上のための新機能を追加したと発表した。

iPhoneアプリに新「+」ボタンとドキュメントのスキャン機能

 iPhoneアプリの画面下部のメニューバー中央に「+」ボタンが追加された。このボタンをタップすると、「ドキュメントをスキャン」「写真をアップロード」「ファイルを作成またはアップロード」の3つの項目を選択できる。

 「ドキュメントをスキャン」をタップするとカメラが起動し、レシートや雑誌などを撮影するとモノクロのPDFとして保存される。

 dropbox 1

 対象が斜めになっていると角度を自動で調整する。1つのファイルに複数の画像を連続で追加できる。PDFファイルはDropboxの指定したフォルダに保存される。

 dropbox 2 自動で角度も調整

 有料版のDropbox for Businessユーザーであれば、こうして保存したPDFファイルのテキスト検索が可能だ。

 「写真をアップロード」をタップすると「写真」アプリが開き、端末内の画像を直接Dropboxにアップロードできる(現在「写真」アプリの共有機能ではDropboxを選択できない)。

 「ファイルを作成またはアップロード」では、端末にMicrosoft Officeがインストールされていれば、Dropbox内からOfficeを起動して新規ファイルを作成し、Dropboxに保存できる。実際にやってみたところ、Office 365を利用していない筆者は新規ファイルを作成できなかった。ヘルプページには説明がないが、ファイルの新規作成にはOffice 365のアカウントとの連係が必要なようだ。

 これらの新機能は、将来的にはAndroid版にも追加される見込み(時期は不明)。

共有機能の強化──デスクトップからの共有、特定部分へのコメントなど

 デスクトップ(Mac/Windows)でDropboxアプリをインストールしている場合、Dropboxフォルダ内のフォルダやファイルを右クリックすることで[共有...]を選べるようになった。

 共有するファイルへのコメント機能として、ファイルの特定部分を選択し、そこについてのコメントを追加できるようになった。この機能はiOS/Androidアプリでも利用できる。

 dropbox 3 特定部分へのコメント機能

 ファイルの共有設定で、ファイル単体の共有と、フォルダの「閲覧可能」共有設定が可能になった。

 既に日本語による新ツールの説明ページが公開されているので、詳細はそちらを参照されたい。


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.