ITmedia NEWS > 製品動向 >
ニュース
» 2016年06月27日 15時40分 公開

スマホの写真を10秒で「チェキ」に 富士フイルム、SNSとつながるモバイルプリンタ7月発売

スマホで撮影した写真を「チェキ」フィルムに印字するプリンタ「instax SHARE SP-2」を富士フイルムが7月に発売する。

[山崎春奈,ITmedia]

 富士フイルムは6月27日、スマートフォンで撮影した写真をカードサイズのフィルムに出力できるプリンタ、“スマホ de チェキ”「instax SHARE SP-2」を7月15日に発売すると発表した。実売予想価格は2万2500円前後。

photo “スマホ de チェキ”「instax SHARE SP-2」
photo 複数枚を組み合わせられる分割テンプレートも

 スマホで撮影するチャンスの増加、加工した画像をSNSで共有する文化の広がりを受け、インスタントカメラ「チェキ」をスマホでも楽しんでもらおうという機器。専用アプリを使ってWi-Fi経由で写真を送信し、86(縦)×54(横)ミリのカードサイズのフィルムに印字する。

 14年2月に発売した前モデルと比較すると、チェキ独特の色合いや風合いは残しつつ、画質を320dpi(800×600ピクセル)に向上。プリント時間も約10秒に高速化した。InstagramやFacebookなどのSNSにアップした写真をそのまま印刷できるほか、専用アプリ上でも明るさやコントラスト、彩度をフィルターで調整できる。2〜4枚の画像を組み合わせて1枚にしたり、1枚の写真を2枚に分割するテンプレートも用意する。

 カラーはゴールドとシルバーの2色。サイズは89.5ミリ(幅)×131.8(高さ)×40(厚さ)ミリで、重さは250グラム。

photo その場で出力
photo 靴の外箱にチェキを貼って整理しやすく――など、ゲストで登壇したGENKINGさんが活用法を紹介

 武富博信イメージング事業部次長は「ユーザーの意見を踏まえ、色彩や文字が鮮明になるよう画質にこだわった。前モデルは実機の販売台数に比べて専用アプリのダウンロード数が2倍以上だったのが印象的。1台を囲んで複数人で楽しんでもらえているのでは」と話す。

年間販売台数500万台突破 欧米で攻勢

 チェキは近年販売台数を伸ばしており、2015年度にはグローバルで年間500万台を超えた。14年は日本を含むアジア圏の売り上げが全体の半分を占めていたが、この数年は北米とヨーロッパで成長しており、16年は欧米が60%になる見込みという。

photo 世界販売台数の推移
photo 地域別のシェア

 「instax SHARE SP-2」の初年度の販売目標は25万台。チェキブランド全体では、16年度に650万台の販売を目指す。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.