ITmedia NEWS > 速報 >
ニュース
» 2016年08月30日 07時59分 公開

Fitbit、「Charge HR」と「Flex」の後継モデルを発表 「Flex 2」は“水泳対応”に

Fitbitがリストバンド型活動量計「Charge HR」の後継モデル「Charge 2」と「Flex」の後継モデル「Flex 2」を発表した。Charge 2はGPS接続機能を搭載し、Flex 2は水泳も記録できる。

[佐藤由紀子,ITmedia]

 米Fitbitは8月29日(現地時間)、日本でも販売するリストバンド型活動量計「Charge HR」と「Flex」の後継モデルを発表した。

 今秋世界で発売の予定。「Charge 2」は149.95ドル(約1万5300円)、「Flex 2」は99.95ドル(約1万200円)だ。

 charge 1 Fitbit Charge 2(左)とFitbix Flex 2(右)

 Charge 2で最も目につくのは、液晶画面がCharge HRの4倍になったところだろう。ひと目でアクティビティの数値を確認でき、同時に接続したスマートフォンからの通知も見ることができる。

 また、GPS接続機能が搭載された。これにより、スマートフォンのGPSに接続することで、ディスプレイにペースや距離といったスコアがリアルタイムで表示され、トレーニング後にはルートの地図が表示されるようになる。

 新機能としては、「Apple Watch」の次期OS「watchOS 3」に搭載される予定の新機能と似た「Relax」が追加された。これは、2〜5分の呼吸エクササイズだ。

 charge 2

 すでに日本語サイトが公開されているので、詳細はそちらを参照されたい。

 Flex 2の最大の特徴は、“水泳を記録”機能だろう。防水なだけでなく、水泳をアクティビティとして記録する。

 charge 3

 また、現行モデルより薄くなり、トラッカー部分は着脱可能で、別売の腕輪やペンダントに付けることも可能だ。

 Flex 2の日本語での紹介はこちら

変更履歴:当初、「Charge 2」にGPS機能が搭載されるような説明にしていましたが、GPS接続機能の誤りでした。お詫びして訂正いたします。[2016/8/30 11:50]



Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.