ITmedia NEWS > STUDIO >
ニュース
2016年11月01日 11時20分 UPDATE

「iOS 10.2」の開発者向けプレビュー公開 “シュラッグ”や“セルフィー”の絵文字追加

Appleが「iOS 10.2」の開発者向けプレビューを公開した。肩をすくめるしぐさ(シュラッグ)やセルフィー、MacBookを使うオフィスワーカーなど、Unicode 9の新しい絵文字72種が追加されている。

[ITmedia]

 米Appleは10月31日(現地時間)開発者向けに「iOS 10.2」のプレビュー版を公開した。これにより、Unicode 9の新しい絵文字72種が追加された。

 「顔」が7種、「人」が7種、「ハンドジェスチャー」が7種、「動植物」が14種、「食べ物」が18種、「スポーツ」が12種、「その他」7種。

 「人」では肩をすくめる「Shrug」や頭を抱える「Face Palm」、妊婦などが追加になった。

シュラッグ(左)とFace Palm(右)

 職業を表す絵文字としては、アーティストやオフィスワーカー、宇宙飛行士などが加わった。すべて男女両方が用意されている。オフィスワーカーはMacBookのようなりんごのロゴがついたノートPCを開いた絵文字だ(Emojipediaのブログで確認できる)。

 iOS 10.2の一般リリース時期はまだ不明だが、年内にはアップデートがありそうだ。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.