ITmedia NEWS >
ニュース
» 2016年11月07日 07時07分 公開

Samsung、「Galaxy S8」に独自(Vivの)AIアシスタント搭載へ

「Galaxy Note7」の発火問題と苦闘するSamsung Electronicsが、次期フラッグシップ端末「Galaxy S8」の新機能を予告した。10月に買収したSiri開発者の新興企業Viv LabsのAIアシスタントを搭載する。

[ITmedia]

 韓国Samsung Electronicsは11月6日、記者向けブリーフィングを開き、次期フラッグシップ端末「Galaxy S8」に独自のAI(人工知能)アシスタントを搭載すると発表した。米Reuters米Bloombergなど、複数のメディアが同日に報じた。

 同社がこのようなブリーフィングを開催するのは異例のことという。発火問題で製造中止になった「Galaxy Note7」の悪影響を払拭する狙いとみられる。

 Samsungは10月、米Appleのパーソナルアシスタント「Siri」を開発したチームが立ち上げた米Viv Labsの買収を発表した。Galaxy S8のAIアシスタントには、このVivの技術が採用されるものとみられる。

 viv 1 Viv LabsのAIプラットフォーム

 Vivは、複合的で複雑な音声での命令を解析し、対応できるサードパーティー製アプリを選んで連係させて対応する能力を持つ。

 viv 2 Vivの音声解析・判断プロセス

 Samsungのインジョン・リー執行副社長は「サードパーティー開発者は、このAIアシスタントにサービスを追加できる。Samsung自身が何もしなくても、(サードパーティーによる)サービスが追加されるにつれ、AIアシスタントは賢くなっていき、ユーザーに新しいサービスを提供していく」と語った。

 Samsungは、VivのAIアシスタント機能をGalaxy S8だけでなく、冷蔵庫などの同社の様々な製品に搭載していく計画という。

 Galaxy S8の具体的な発売時期については発表されなかったが、同社のこれまでの製品サイクルから、2017年2月27日からバルセロナで開催のMobile World Conference(MWC) 2017に合わせて発表されると考えていいだろう。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.