ITmedia NEWS > 科学・テクノロジー >
ニュース
» 2016年11月07日 12時40分 公開

3次元ARで点検作業支援 機器に重ねて点検項目表示、結果は音声入力 三菱電機が開発

3次元AR機能を備えたウェアラブル端末を作業員が装着し、点検作業の手順の確認や結果の音声入力ができる技術を三菱電機が開発した。

[ITmedia]

 三菱電機は11月7日、3次元AR(拡張現実)機能を備えたウェアラブル端末を作業員が装着し、点検作業の手順の確認や結果の音声入力ができる「3次元モデルARを用いた保守点検作業支援技術」を開発したと発表した。水処理プラントやビルの点検整備などで、作業員の負荷軽減や点検ミス抑制に貢献するとしている。

画像

 作業員の視線の先にある複数の機器をカメラでとらえ、点検項目や順序をARで表示する。事前に構築した3次元モデルを活用して位置と方向を算出する仕組みで、点検対象の位置に関わらず正確にAR表示できるという。

 AR表示と連動した音声対話により点検結果を音声入力でき、ハンズフリーで結果報告が可能。騒音が大きい作業現場でも高い認識精度を確保したという。不明確な入力や点検漏れはシステムが再入力を促す仕組みも備えた。

 点検対象の3次元モデルは、3次元センサーを搭載したタブレットPCによる撮影だけで構築可能。点検手順との関連付けも一括で実行できるという。ARと連動した音声対話機能も、3次元モデルと関連付けた点検手順データベースから自動で生成できる。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.