ITmedia NEWS > ネットの話題 >
ニュース
2016年11月14日 17時11分 UPDATE

ロックイベントでジミー・ペイジ演奏せず 主催のKLabが謝罪 「返金はしない」

音楽イベント「CLASSIC ROCK AWARDS 2016」でジミー・ペイジ氏が演奏するかのように宣伝していたにも関わらず実際は演奏しなかった問題で、主催者のKLabが謝罪文を発表した。

[ITmedia]

 11月11日に行われた音楽イベント「CLASSIC ROCK AWARDS 2016」(東京・両国国技館)で、英ロックギタリストのジミー・ペイジ氏が演奏するかのように宣伝していたにも関わらず、実際は演奏せず、入場者から批判を集めていた問題で、主催者のKLab Entertainmentが14日、真田哲弥社長名でWebサイトに謝罪文を発表した。

 ペイジ氏は演奏する予定だったが「本番直前に本人の意向で演奏が行われなかった」という。「ご迷惑をおかけした」と謝罪しながらも、「イベント自体は成立している」とし、チケットの返金は行わないという。

画像 11月7日のニュースリリースより
画像 イベントの公式サイトより

 CLASSIC ROCK AWARDS 2016は、米英で開催されてきたロックアワードで、今年、日本で初開催。ペイジ氏のほかジョニー・デップ氏、ジェフ・ベック氏などが出演した。ペイジ氏はプレゼンターを務めたが、演奏は行わなかった。

 KLabの謝罪文によると、ペイジ氏の演奏は「イベントの目玉」として予定し、当日もギターとアンプを用意していたが、「本番直前に本人の意向で演奏が行われなかった」という。その理由を本人側に問い合わせているが「回答は得られていない」という。

 真田社長は「主催者として、一人のロックファンとして私自身ジミー・ペイジ氏の演奏をとても楽しみにしていただけに、鑑賞できなかったことは残念でならない」としている。

 一方で、「告知をしていなかったジョニー・デップ氏やジョー・ペリー氏が参加し、素晴らしいパフォーマンスを披露した。出演者の年齢を考慮し、また多数のアーティストが出演するフェス形式というイベントの性格上、出演者・演奏内容の変更を完全に防ぐことは難しかった」と釈明。「イベント自体は成立していると判断」し、チケット代金の返金はできないとしている。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.