ITmedia NEWS > 社会とIT >
ニュース
» 2016年11月15日 10時37分 公開

トランプ氏、日本の核保有容認は「言ってない」 Twitterで報道否定

トランプ氏が日本などが核兵器を持つことを容認したとする報道について、同氏はTwitterで「言ったことはない」と強く否定した。

[ITmedia]

 次期米国大統領のドナルド・トランプ氏が、日本などが核兵器を持つことを容認する発言をしたとする報道について、同氏は11月13日、自身のTwitterで、「言ったことはない」と強く否定した。大統領就任を前に自らの発言を撤回し、軌道修正を図ったとの見方もある。

 米New York Timesは11日の電子版で、トランプ氏は「米国の助けを借りずに自衛できるよう、より多くの国が核兵器を持つべきと示唆している」などと報道。同紙が3月に行ったインタビューでも、北朝鮮の脅威に対策するため、日本や韓国が核兵器を保有することを容認したとのトランプ氏の発言を伝えていた。

 トランプ氏はNew York Timesの報道について13日、Twitterで「彼らはなんと不誠実なのか。そんなことは決して言ったことはない」と強く否定した。17日に控える安倍晋三首相との初会談を前に改めて発言を撤回し、軌道修正を図ったとの見方もある。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.