ITmedia NEWS > 速報 >
ニュース
» 2018年08月17日 09時52分 公開

Appleサーバをハッキングした16歳少年の動機は?

オーストラリア在住の16歳の少年がAppleのサーバをハッキングし、逮捕された。

[MACお宝鑑定団]
MACお宝鑑定団

 オーストラリアのメルボルンに住む16歳の少年がAppleのサーバをハッキングし、顧客情報と、90GB以上もの秘密ファイルをダウンロードしていたことで逮捕されたとThe Ageが伝えている

 少年はハッキングして得たファイルを「ハックハックハック」というタイトルのフォルダに保存していたという。

 Appleが少年による不正アクセスを検知するまで、継続的にアクセス可能となっていた。

 AppleがFBIに報告して調査が始まり、オーストラリア連邦警察と共同で国際調査した結果、少年を突き止め、押収した2台のApple製ラップトップを調べたところ、社内システムに不正アクセスした機器のシリアル番号と一致したそうだ。

photo オーストラリア連邦警察

 逮捕された少年は、動機について「Appleで働くことを夢見ていた」と話したという。

photo ハッキングがAppleに就職する最良の方法であるわけはない

Copyright (C) 1998 Mac Treasure Tracing Club. All rights reserved.