ITmedia NEWS > 製品動向 >
ニュース
» 2018年08月30日 10時15分 公開

Sonos、古いスピーカーも繋げる「Sonos Amp」を599ドルで来年2月発売へ

日本市場に参入した米オーディオメーカーSonosが、新アンプ「Sonos Amp」を発表した。来年2月に発売。価格は599ドル(約6万7000円)だ。

[ITmedia]

 米Sonosは8月29日(現地時間)、新アンプ「Sonos Amp」を発表した。来年2月に日本を含む世界で発売する計画。米国での販売価格は599ドル(約6万7000円)だ。

 amp 1 Sonos Amp

 「Sonos One」や「Sonos Beam」など、ストリーミング向けスピーカーを立て続けに発表してきた同社だが、AmpはOneやBeamだけでなく、既存のレコードプレーヤーやステレオに接続し、Spotifyなどのストリームサービスだけでなく、CDやデバイスのオーディオファイルも再生できる。

 各チャンネルの出力は125ワット。HDMI ARC、米AppleのAirPlay 2をサポートする。

 amp 2 背面

 マイクはないので直接音声で命令することはできないが、BeamかOneを接続していればAlexaでの音声命令が可能だ。


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.