ITmedia NEWS > STUDIO >
ニュース
» 2018年09月07日 07時55分 公開

Twitter、アレックス・ジョーンズ氏のアカウントをついに永久凍結

Twitterが、陰謀論者として知られるアレックス・ジョーンズ氏および同氏のメディアInfowarsのアカウントをついに永久凍結した。ドーシー氏の公聴会後に投稿した複数のコンテンツが「攻撃的な行為」に関するポリシーに違反したためとしている。

[佐藤由紀子,ITmedia]

 米Twitterは9月6日(現地時間)、陰謀論者として知られるアレックス・ジョーンズ氏および同氏が運営するメディアInfowarsのTwitterおよびPeriscopeのアカウントをポリシー違反で永久凍結した(permanently suspended)と発表した。

 「この対処は、昨日投稿されたツイートと動画についての報告に基づく。これらのアカウントは、過去にもポリシーに違反しており、昨日のコンテンツは攻撃的な行為に関するポリシーに違反している」と説明している。

 Twitterのヘルプには永久凍結の定義は書かれていないが、永久凍結されても異議申し立てでアカウントを復活できる可能性は残されている。

 Twitterは8月、Apple、Facebook、YouTubeがほぼ同時にジョーンズ氏のコンテンツやアカウントを停止する中、同社のポリシーには違反していないとして対処しなかった。その際、ポリシーに違反すれば対処するとも説明していた。

 ジョーンズ氏は5日、Twitterのジャック・ドーシーCEOが招請された公聴会を傍聴した後、車に乗り込むドーシー氏に直接抗議した他、共和党議員やジャーナリストに抗議する動画を収録し、InfowarsのサイトとTwitter、Periscopeに投稿した。

 alex 1 ドーシーCEOに近づこうとするアレックス・ジョーンズ氏

 ジョーンズ氏は6日、Infowars上でTwitterによる凍結について「独占」報道した。

 alex 2 Infowarsのトップページ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.