ITmedia NEWS > 企業・業界動向 >
ニュース
» 2018年09月19日 19時14分 公開

「Google One」日本でも提供へ Googleドライブ有料版から自動で切り替え

「Googleドライブ」有料版の名称を変更し、複数人とも共有して使えるようになったクラウドストレージサービス「Google One」の提供が、数週間以内に日本でも始まる。

[ITmedia]

 Google Japanは9月19日、数週間以内に有料のクラウドストレージサービス「Google One」の提供を開始すると発表した。「Googleドライブ」有料版が順次Google Oneに切り替わる。利用者にはメールで知らせるとしている。

photo Google Japan Blogより

 Google Oneは「Googleドライブ」の有料版の名称を変更したもので、米国では5月から切り替えが進んでいる。米国では100GB〜30TBの6プランがあり、月額9.99ドルのプランが2TBに倍増(従来は1TB)した他、新たに2.99ドルの200GBプランが追加されている。その他のプランに変更はない。

 日本での提供プランや価格などの詳細は明らかにされていないが、Google Oneのヘルプページによると、100GBプランではデフォルト保存容量の15GB(無料プランに相当)に加えて85GBを利用できるという。

 また日本でも最大5人のファミリーメンバーとストレージ容量の共有が可能。100GBのプランを3人で共有する場合、ファミリーメンバーにはそれぞれ15GBが割り当てられ、それを超えた場合に共有ストレージ容量の85GBが使用されるとしている。

photo Google One

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.