ITmedia NEWS > 速報 >
ニュース
» 2018年09月21日 09時53分 公開

Apple Watch Series 4の「劇的な進化」を検証 (1/2)

ジョナサン・アイブCDO言うところの「劇的な進化」は本物だったかどうか、最新世代Apple Watch実機で検証してみた。

[MACお宝鑑定団]
MACお宝鑑定団

 Appleが発表した新型Apple Watch「Apple Watch Series 4」をチェックした。

 これまで、Apple WatchケースとApple Watchバンドは、装着された状態でパッケージ化されていたが、Apple Watch Series 4から、Apple Watchケースだけの箱と、単品販売と同じ箱に入ったApple Watchバンドをセットにし、それを外装パッケージで包んだ方式に変わった。

photo Apple Watch Series 4

 様々な組み合わせでパッケージする上で、バンドだけ変更することでセットを変えられることになり、かなり合理化されたことが分かる。

photo Apple Watch Series 4

 バンドを接続する体験が得られるメリットもある。ケースは、東レ製スエード調人造皮革「エクセーヌ」(アルカンターラ)のポーチに入れられている。

 ジョナサン・アイブCDO(最高デザイン責任者)は、Apple Watch Series 4のデザインについて、複数メディアでインタビューを受けていて、画面の縁にある外枠をなくしたことで、ケースとシームレスに統合し、画面表示面積が30%広くなったと語っている。

photo Apple Watch Series 4

 ディスプレイとケースとの継ぎ目は滑らかで、Apple Watch Series 3とは別物。

 上部のラグレールを接写してみると、Apple Watch Series 2までマイクの横にあったエアベントが、Apple Watch Series 3では、底面ラグラインの中の左中央に移動したが、Apple Watch Series 4では、頭部側のラグラインの中の左端に移っている。

photo Apple Watch Series 4/Apple Watch Series 3

 今回、スピーカーが縦並びから横並びになり、しかも長くなったので、それが影響しているのかもしれない。

 Digital Crownは心電図計測するために導電性にする必要があり、そのため頭頂部が金属に変わり、端に赤いラインを入れたデザインに変わっている。

photo Apple Watch Series 4/Apple Watch Series 3

 Digital Crown自体が少し小さくなり、ピニオンの形も変わっている

 マイクはDigital Crown下に移動している。

 スピーカーは、Apple Watch Series 3まで縦列配置だったのが、横列配置に変わり、しかも長くなっている。これによりステレオ感が増している。

photo Apple Watch Series 4/Apple Watch Series 3

 マイクが反対側に移動したことで、ハウリングも低減している。

       1|2 次のページへ

Copyright (C) 1998 Mac Treasure Tracing Club. All rights reserved.