ITmedia NEWS > 速報 >
ニュース
» 2018年09月21日 09時53分 公開

Apple Watch Series 4の「劇的な進化」を検証(2/2 ページ)

[MACお宝鑑定団]
MACお宝鑑定団
前のページへ 1|2       

 ラグ部分は「Creating Bands for Apple Watch」で定められているデザインガイドラインが継承されているため、これまでのApple Watchバンドは、38mmは40mmで、42mmは44mmで継続使用できる。

photo Apple Watch Series 4/Apple Watch Series 3

 そのラグ部分を横から見てみると、Apple Watch Series 4は少し下に倒れていることが確認できる。

 Apple Watchの光学式心拍センサーは、緑色LEDライト2個、感光性フォトダイオード2個で構成されていて、Apple Watch Series 4では、それが1個になったように見える。

photo 光学式心拍センサー

 マクロ接写で見たところ、超小型された緑色LEDライトと感光性フォトダイオードが2個ずつ入っていることが確認できた。光学式心拍センサーの周囲に電気心拍センサーも配置されている。

 Apple Watch Series 3/42mmとApple Watch Series 4/44mmの両方を腕につけてみた。

photo Apple Watch Series 3/Apple Watch Series 4

 縦1.4mm、横1.5mm、厚さマイナス0.7mmの差だが、画面領域が約30%以上拡大したことで、寸法上より大きく見える。

 第2世代の感圧タッチ対応OLED Retinaディスプレイから感圧タッチ対応LTPO OLED Retinaディスプレイに変わり、明らかに色再現度レベルが向上している。

photo Apple Watch Series 4

 アイブCDOは、可能な限り劇的に進化させたと説明しているが、それは間違いないだろう。

写真:#アップルノート

ニュース解説番組「NEWS TV」で記事をピックアップ

ITmedia NEWS編集部がYouTubeでお届けするライブ番組「ITmedia NEWS TV」で、この記事を取り上げています。ぜひ視聴・チャンネル登録をお願いします。


前のページへ 1|2       

Copyright (C) 1998 Mac Treasure Tracing Club. All rights reserved.