ITmedia NEWS > ネットの話題 >
ニュース
» 2018年10月11日 12時53分 公開

ベトナムで“旅行初心者”が配車アプリ「Grab」を使ってみた 苦戦したポイントは (2/3)

[片渕陽平,ITmedia]
photo どうやら乗車位置を登録した際、現在地からややずれた部分をタップしていたようだ

 どうやら乗車位置を登録した際、現在地(GPSの位置情報)からややずれた部分をタップしてしまったようだ。拙い英語で「外貨両替の店舗前にいる」「日本人の男性3人」といった情報を伝える。ドライバー側からは(おそらく翻訳機能で訳しただろう)日本語のメッセージが送られてきたが、訳が間違っていたようで理解できなかった。

 マップ画面上で、空港前のロータリーを周回し続ける車両を眺めること数分、ドライバーが意図をくみ取ってくれたようで、ようやく出会えた。

photo ようやく出会えた

 そこからは順調だった。運転席には、ドライバーのスマートフォンが備え付けてあり、Googleの音声翻訳アプリを利用し、ベトナム語と日本語で会話ができた。「明日はどこへ行くのか」→「ダナン近くのホイアンに行きたい」→「1日間チャーターしてくれるなら180万ドン(約9000円)だよ」というように、ドライバーの商売上手な一面も見れたところでホテルに到着した。

 支払いは現地通貨でも可能だが、事前にクレジットカード情報を登録しておけば、特に何もすることなく降車できる。降車後、ドライバーの運転・サービス内容の評価(5段階)をしてアプリを閉じた。

photo 運転席にはドライバーのスマホが備え付けてあり、降車時にはあらためて料金を確認できた

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.