ITmedia NEWS > 企業・業界動向 >
ニュース
» 2018年10月15日 13時03分 公開

ヤフー、AIでドラレコ映像を解析 ガソリン価格や駐車場の満空情報、行列のできる店をナビに反映 実証実験スタート

交通状況だけでなく、行列のできるレストランなどを認識して地域情報に反映する使い方も。

[山口恵祐,ITmedia]

 ヤフーは10月15日、ドライブレコーダーの映像をAI(人工知能)が解析することで、道路沿いにあるガソリンスタンドのガソリン価格や駐車場の満空情報といった視覚情報をデータ化する実証実験を始めたと発表した。得られるデータを検証しながら、自社の地図サービス「Yahoo! MAP」やアプリ「Yahoo!カーナビ」での活用を目指す。

photo ドラレコ映像からガソリン価格を取得

 実証実験では、東京都23区内を走るアスクルの配送用車両に搭載したドライブレコーダーの映像を活用。ガソリン価格や駐車場情報の他、渋滞や事故といった交通状況や、レストランの行列状況など、あらゆる場面を認識して地域情報に反映するような用途を検討する。

 ドライブレコーダーの映像はヤフーが管理するサーバに直接送信し、アスクルはデータに関与しない。映像に映ったクルマのナンバープレートや歩行者にはマスキング処理を施し、個人を特定する目的では使用しないとしている。実証実験の期間は2019年3月31日まで。

photo ドラレコ映像から駐車場の満空情報を取得
「ドラレコ実証実験デモ(ガソリン価格、満空情報認識)」

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.