ITmedia NEWS > 企業・業界動向 >
ニュース
» 2018年10月16日 13時11分 公開

DeNAの配車サービス、都内進出へ 18年内めど

DeNAは、同社のタクシー配車サービスを、2018年内をめどに東京都23区を中心としたエリアでも提供する計画だ。神奈川県内と合わせ、約9500台を配車できるようにする。

[ITmedia]

 ディー・エヌ・エー(DeNA)は10月15日、同社のタクシー配車サービスを、2018年内をめどに東京都23区を中心としたエリアでも提供すると発表した。タクシー事業者の東都自動車、日の丸自動車と協業で合意した。都内での展開までに第一交通産業グループ、平和交通、荏原交通とも協業を予定している。

photo DeNAは神奈川県内でタクシー配車アプリ「タクベル」を展開してきた=2018年4月に撮影

 これまでDeNAは、神奈川県内でタクシー配車アプリ「タクベル」を展開し、4月のサービス開始から約5カ月間で月間実車回数5.8万回を突破した。今回の協業で配車可能な台数が約4000台増え、神奈川県内と合わせると約9500台になる見通し。

 配車アプリは、従来のタクベルと同様のものを想定しているが、名称などを見直す可能性があるという。アプリ以外にも、後部座席で乗客がニュースや交通情報を見られるタブレット端末、決済端末などの整備を進める。

 今後、都内23区で協業するタクシー事業者を増やしていく。全国各地の事業者とも連携し、2019年春ごろには京阪神エリアへの進出も予定だ。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.