ITmedia NEWS > STUDIO >
ニュース
» 2018年10月17日 11時25分 公開

「Chrome 70」安定版、ログイン必須解除などの新機能

GoogleのWebブラウザ「Chrome」がバージョン70になり、バージョン69で追加されて不評だったGoogleサービスへのログインとChromeへのログインの自動連携の解除や、HTTPページへの個人情報入力への警告機能追加などが行われた。

[佐藤由紀子,ITmedia]

 米Googleは10月16日(現地時間)、Webブラウザ「Chrome 70」(70.0.3538.67)の安定版をWindows、Mac、Linux向けに公開した。

 予告通り、Googleのサービスにログインすると自動的にChromeにもログインする機能を手動に変更した。

 Chromeの[設定]→[詳細設定]→[プライバシーとセキュリティ]ページに[Chromeへのログインを許可する]という項目が追加されこれをオフにしておけば、ChromeでGmailなどにログインしても自動的にChromeにログインすることはなくなる。

 chrome 1 Chromeへのログインを許可する項目

 また、Chromeブラウザの右上のアバターアイコンをクリックすることで、自分のログイン状態を確認しやすくした。

 chrome 2 左から、サインアウト状態、サインインしたが同期していない状態、サインインし、同期している状態

 HTTPS非対応Webサイトの警告をChrome 69よりさらに進め、オムニバーのURLの左に「保護されていない通信」と表示されているHTTPページでメールアドレスなどを入力しようとすると、赤いアイコンが表示される。

 chrome 3 HTTPサイトへの入力警告

 Chrome拡張機能での不正防止のため、拡張機能によるWebサイト上のデータの読み取りや変更を許可する「ホストパーミッション」をユーザーが管理できるようになる(本稿執筆現在、ローリングアウト中らしく、筆者の環境ではまだ使えない)。

 chrome 4 拡張機能の管理

 セキュリティ関連では重要度「高」6件を含む23件の脆弱性が修正された。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.