ITmedia NEWS > 企業・業界動向 >
ニュース
» 2018年10月17日 20時35分 公開

セブンの「ネットプリント」にユーザー登録不要の新アプリ

セブン-イレブンで利用できるネットプリントサービス「ネットプリント」を、ユーザー登録不要で利用できるスマホアプリが登場する。

[ITmedia]

 富士ゼロックスとセブン-イレブン・ジャパンは10月17日、スマートフォン内の写真や書類データをセブン-イレブン店頭のマルチコピー機でプリントできるスマホアプリ「かんたん netprint」(iOS/Android)を18日から提供すると発表した。ユーザー登録不要で、アプリからネットプリントを行える。

photo 「かんたん netprint」の使い方

 アプリ上で印刷したいファイルを選択して予約すると、8桁の予約番号が発行される。その番号をマルチコピー機に入力し、料金を支払うだけでプリントできる。

 印刷可能なファイル形式や価格は用紙によって異なり、対応ファイル形式はMicrosoft Word、Microsoft Excel、Microsoft PowerPoint(いずれもWindows版 2007、2010、2013の日本語版)や、PDF、JPEG、PNGなど。価格はLサイズのフォト用紙なら1枚30円で、B5、B4、A4サイズの普通紙やはがき用紙ならカラーは1枚60円、白黒は1枚20円。プリント有効期限は、ファイル登録翌日の午後11時59分まで。

photo 料金と対応ファイル形式

 両社は2018年1月から、ユーザー登録なしで利用できるネットプリントサービス「ネットプリントサービス lite」を提供している。近年、スマホからレストランや旅行の予約、就職活動や確定申告などを行う機会が増えていることを受け、日程表や控え書類などをスマホから手軽にプリントできるようにしたという。

 従来のネットプリント用スマホアプリ「netprint」(iOS/Android)はユーザー登録が必要で、プリント有効期限などが異なる。netprintの有効期限はファイル登録から7日後の午後11時59分まで。

photo 従来のアプリとの違い(スマートフォン用アプリのご紹介より)

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.