ITmedia NEWS > 企業・業界動向 >
ニュース
» 2018年10月24日 12時17分 公開

電通がスタートアップ支援「GRASSHOPPER」 メンターに家入一真氏など 投資家・大企業にプレゼンも

電通は、スタートアップ企業の成長をクリエイティブ面を中心に支援する「GRASSHOPPER」を始めた。外部の専門家と連携してメンタリングを行い、大企業にプレゼンする機会などを設ける。

[ITmedia]

 電通は10月24日、スタートアップ企業の成長をクリエイティブ面を中心に支援するアクセラレーションプログラム「GRASSHOPPER」を始めた。クリエイティブやブランディング、UI/UXなどについて外部の専門家と連携してメンタリングを行い、大企業にプレゼンする機会などを設ける。募集は年2回で、第1回の募集を同日にスタートする。

画像 ニュースリリースより

 起業のメンターにCAMPFIRE社長の家入一真氏を、UI/UXにTHE GUILD代表の深津貴之氏、テクノロジーにバスキュールの朴正義代表、クリエイティブに同社の樋口景一氏など各界の著名人を迎え、各分野について約3カ月間にわたるメンタリングを行う。その上で、投資家や大企業の新規事業担当者にプレゼンテーションを行う機会「デモデイ」を設定する。

 また、電通社員がスタートアップ企業の担当プロデューサーとなり、大企業との協業による事業展開や開発の可能性を探ったり、電通の投資部門が独自の視点で投資する仕組みも採り入れるほか、GRASSHOPPER専門のWebメディアを創設し、コミュニティーを盛り上げる。

 第1回の募集は24日に開始し、11月末に締め切る。12月〜来年3月にかけてメンタリングを行い、3月下旬にデモデイを開催する。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.