ITmedia NEWS > 速報 >
ニュース
» 2018年12月13日 11時36分 公開

Alexaスキル開発者向けにリマインダー機能のAPI公開

「Alexaスキル」の開発者向けに、リマインダー機能のAPIの提供がスタート。このAPIを活用し、薬を飲む時間をリマインドするスキルなどが提供されている。

[ITmedia]

 アマゾンジャパンは12月13日、クラウド音声サービス「Alexa」で利用できる機能「Alexaスキル」の開発者向けに、リマインダー機能のAPIの提供を始めたと発表した。このAPIを活用し、薬を飲む時間をリマインドするスキルなどが提供されている。

 このAPIを使って米国では、飛行機の到着時刻をリマインドしてくれ、到着時刻が変わった場合にも変更後の時刻を教えてくれる機能や、指定したスポーツの試合の30分前に知らせてくれる機能などが提供されているという。

 日本では、服薬時間を教えてくれる「CARADA 声でおくすり記録」が提供されている。Alexaが毎日指定した時刻に声で教えてくれるほか、外出時でもAlexaアプリの通知をONに設定することでスマートフォンで通知を受信できる。

 スキルの作成方法は、技術ドキュメントで確認できる。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.