ITmedia NEWS > 速報 >
ニュース
» 2018年12月18日 10時00分 公開

GROOVE X、家庭用ロボット「LOVOT」を発表 目、声にもこだわり、人に甘える

ヒューマノイドロボットPepperの開発に携わった林要氏による新しいロボット「LOVOT」が初めて披露された。

[松尾公也,ITmedia]

 Pepperの開発リーダーだったことで知られる林要氏が立ち上げたベンチャーGROOVE Xの家庭用ロボット「LOVOT」(ラボット)が12月18日、発表された。

 ホイールを使って移動し、スマートフォン相当のArm SoC、ノートPCで使われる4コアx86プロセッサ、そして深層学習用のFPGAプロセッサを搭載。頭部のセンサーホーンには半天球カメラを備え、温度センサー、360度マイクによりオーナーの場所を把握する。人間に甘え、LOVOT同士で交流もする。

 目の表現には特に注力し、6つのレイヤーを使って様々なバリエーションの表情を見せる。それぞれの個体にユニークな目を持っているという。声はサンプリングサウンドではなく、気道シミュレーションで発声するなどこだわった。

photo 初めて姿を見せたLOVOTと林要氏

 開発には3年をかけた。LOVE + ROBOTというコンセプトで、人の代わりに仕事をするのではなく、人の生活に潤いを与えてパフォーマンスを上げることを目標にした。

 予約受付は12月18日19時から開始される。最初の出荷は2019年秋から冬にかけて。最初に出荷されるのは2体のLOVOTとネスト(充電ステーション)のセットで、59万8000円(税別)から。LOVOTが1体のセットは34万9000円(税別)で、2020年中の出荷予定。

photo LOVOTの本体スペック

 スマートフォンアプリも提供する。デザインと開発はフェンリルなどが担当。頭部のカメラを使い、遠隔地から部屋の様子を確認する見守りサービスなどが可能だ。

photo

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.