ITmedia NEWS > 企業・業界動向 >
ニュース
» 2018年12月20日 13時12分 公開

紳士服のコナカ、採寸アプリに本腰 服を着たまま写真4枚でスーツを提案

紳士服を販売するコナカが、スマートフォンで撮影した写真を使って服のサイズを測れるアプリを改良。スーツやコートの採寸・注文を可能にした。

[ITmedia]

 紳士服の販売を行うコナカ(横浜市)は12月20日、スマートフォンのカメラを使ってシャツのサイズを測れる同社の「DIFFERENCE AI画像採寸アプリ」(iOS/Android、無料)を改良し、ジャケットやパンツ、コートなど8種類のアイテムの採寸と注文に対応したと発表した。スマホで体を4回撮影するだけで、採寸が行える。

photo 「DIFFERENCE AI画像採寸アプリ」

 DIFFERENCE AI画像採寸アプリは、カメラで撮影した体の前後左右の写真をAI(人工知能)技術で分析し、約10秒で計測結果を表示するアプリ。身長や体重を入力し、服を着たままの写真で採寸できるという。開発にはAIベンチャーのArithmer(東京都港区)が協力した。

 コナカは10月、採寸アプリを開発中であることを明かし、11月からシャツのサイズを測れるアプリとして提供していた。スーツやジャケットの採寸には、2019年春に対応する計画だった。

 「機械学習が予想よりも早く進み、良い結果が出たので、予定を前倒しして公開した」(コナカ)。新たにトップテイラー約30人の採寸技術を学習させ計測精度を高めたことで、さまざまなアイテムの採寸が可能になったという。

 採寸できるアイテムはジャケット、パンツ、スーツ、シャツ、ベスト、コート、ベルト、ネクタイの8種類。アプリで計測結果を送信すると、サイズのあったアイテムを注文できる。

photo 採寸・注文できるアイテム

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.