ITmedia NEWS > 製品動向 >
ニュース
» 2019年01月17日 07時48分 公開

モーター内蔵、フィット感を自動調整するシューズ「ナイキ アダプトBB」発表 スマホ連携も

モーターとギアを内蔵し、フィット感を自動調整するバスケットボールシューズ「ナイキ アダプトBB」発表。ファームウェア更新で、フィットの精度をより高めるなどのアップデートの計画もあるという。3万7800円(税込)。

[ITmedia]

 ナイキジャパンは1月16日、モーターとギアを内蔵し、フィット感を自動調整するバスケットボールシューズ「ナイキ アダプトBB」を発表した。ファームウェア更新によりフィットの精度をより高めるなどのアップデートの計画もあるという。3万7800円(税込)。

画像
画像
画像
画像

 シューズに足を入れると、モーターとギアが足が必要とする圧力を感知し、ぴったりとしたフィット感を維持するために調整。シューズのボタンを手で操作するか、専用スマホアプリからフィットを設定できる。例えばタイムアウトの時、ゲーム再開までシューズのひもをゆるめる――といったことも可能という。

 アプリは、フィット感の調整のほか、電池残量の確認や、ソールに付いたライトの色の変更も可能だ。ファームウエア更新も予定しており、フィットの精度を高めたり、今後展開予定の新たなデジタルサービスを受けられるようになるという。「機能を継続的にアップデートする初のプロダクト」になるとしている。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.