ITmedia NEWS > 企業・業界動向 >
ニュース
» 2019年01月17日 14時22分 公開

「ブレイブオンライン」のエイタロウソフトが破産

東京商工リサーチによると、人気ソーシャルゲーム「ブレイブオンライン」などを手掛けたスマートフォンゲームメーカーのエイタロウソフトが、1月9日に東京地裁から破産開始決定を受けた。

[ITmedia]

 東京商工リサーチによると、人気ソーシャルゲーム「ブレイブオンライン」などを手掛けたスマートフォンゲームメーカーのエイタロウソフトが、1月9日に東京地裁から破産開始決定を受けた。負債総額は約2億4000万円(債権者90人)。ここ数年はヒットに恵まれず経営が行き詰まり、昨年12月に事業を停止していた。

画像 エイタロウソフト公式サイトより

 スマホゲーム「ブレイブオンライン」や「ザ・リング・オブ・ドラゴン」のほか、「ラグナロクオンライン」のスマートフォン版の開発・運営などを手掛けた。一部のタイトルは台湾や香港など海外でも配信され、2015年12月期の売上高は約4億6900万円に上っていたという。

 だがその後はヒット作に恵まれず、16年12月期の売上高は約3億8500万円に減少し、約1億円の債務超過に。事業拡大に伴う人件費なども重荷になっていたという。

 17年夏にはアエリアの連結子会社となり、「幽遊白書」のソーシャルゲーム開発をモブキャストとともに受託するなどしたが業績は好転せず、18年11月にアエリアの連結から外れ、資金繰りに行き詰まって同12月に事業を停止。「ブレイブオンライン」など提供ゲームも終了していた。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.