ITmedia NEWS > 企業・業界動向 >
ニュース
» 2019年01月17日 17時29分 公開

早大、学食や生協に「Alipay」導入 中国人学生の利便性向上で

アリペイジャパンが早稲田大学の学生食堂や生協に決済サービス「Alipay」を導入した。中国人学生の利便性向上が狙い。

[ITmedia]

 アリペイジャパンは1月17日、早稲田大学の学生食堂や生協店舗にモバイル決済サービス「Alipay」を7日から試験導入したと発表した。同大に通う中国人学生の利便性向上が狙い。同社によれば、大学生協でのAlipay導入は今回が初。

photo プレスリリースより

 早稲田大学には約7400人以上の外国人学生が在籍しており、うち約半数が中国人学生。中国で広く普及しているAlipayを、学生の利用頻度が高い生協店舗などに導入することで、学生の利便性向上を図る。まずは早稲田キャンパスにある生協店舗、学生食堂、旅行窓口など5カ所に導入し、順次拡大予定。

photo 「Alipay」(アリペイジャパン)

 Alipayは中国Alibabaグループ傘下のAnt Financial Services Groupが提供するモバイル決済サービス。世界で40の国と地域にサービス展開。全世界のアクティブユーザー数は10億人以上という。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.