ITmedia NEWS > 企業・業界動向 >
ニュース
» 2018年09月05日 19時17分 公開

ソフトバンクとヤフーのPayPay、Alipayと連携 中国観光客の利用促す

ソフトバンクとヤフーが設立した「PayPay」が「Alipay」と連携する。PayPay加盟店でAlipayも利用可能にする。PayPayの提供は今秋を予定している。

[ITmedia]

 ソフトバンクとヤフーが設立したPayPayは9月5日、中国で広く普及している決済サービス「Alipay」と連携すると発表した。今秋に提供を始めるPayPayの加盟店でもAlipayを利用できるようにし、中国人観光客の来店を促すことで、インバウンド消費を取り込む考えだ。

photo PayPayがAlipayと連携する

 PayPayは(1)店舗側が表示するQRコードを利用者がスマートフォンなどで読み取るか、(2)利用者が提示したQRコード、バーコードを店舗のレジで読み取る、といういずれかの方法で決済できるようにするが、Alipayは(1)の方式で連携する。利用可能な店舗には、Alipayのマークが付いた「PayPayコード」を設置する。

photo 「PayPayコード」

 PayPayは、ソフトバンクとヤフーが6月に共同設立した。一方、Alipayは、中国AlibabaグループのAnt Financial Services Groupが提供しており、中国国内のアクティブユーザー数は6億人以上という。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.