ITmedia NEWS > ネットの話題 >
ニュース
» 2019年01月25日 11時11分 公開

人気アイドルの“海賊版CD”、Twitter上で販売 JASRACが告訴

三重県警は、人気男性アイドルグループの市販CDをコピーして販売したとして、著作権法違反の疑いで、桑名市の女性を津地検に送致。女性はTwitter上でコピー品の販売を告知していたといい、JASRACが著作権侵害で告訴していた。

[ITmedia]
photo JASRACのニュースリリースより

 日本音楽著作権協会(JASRAC)によると、三重県警などは1月24日、人気男性アイドルグループの市販CDをコピーして販売したとして、著作権法違反の疑い(複製権侵害および頒布)で、桑名市の女性(42歳)を津地検に送致した。女性はTwitter上でコピー品の販売を告知していたといい、JASRACが著作権侵害で告訴していた。

 また、大阪区検察庁は昨年12月20日、スペースシャワーTV、フジテレビNEXTなどの有料衛星放送の音楽番組を録画し、DVD-Rにコピーして販売していた大阪市の男性(41歳)を著作権法違反の疑い(頒布目的所持)で起訴した。

 いずれの事件でも、Twitter上で「ダビングします。希望者はDM(ダイレクトメッセージ)してください」などと呼び掛け、コピー品(海賊版)の購入者を募っていた。購入希望者に代金を振り込ませ、自宅のPCでDVD-Rなどにコピーして販売することを、それぞれ約2年間繰り返していたという。

 こうした海賊版に、JASRACが管理する楽曲が多数含まれていたことから、著作権侵害でそれぞれ告訴していた。Twitterを利用した海賊版販売に対するJASRACの告訴は初めてという。

 JASRACは、著作権法では、無断複製物であることを知って販売や配布の申し出をすることも著作権侵害と見なされる(113条1項2号)とし、TwitterなどSNS上で販売を告知するだけでも著作権法違反になると注意を呼び掛けている。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.