ITmedia NEWS > 企業・業界動向 >
ニュース
» 2019年01月25日 17時22分 公開

車窓で観光案内、JR九州とドコモ AR活用、2020年に実用化へ

JR九州とNTTドコモが、風景に合わせた観光情報を車窓にリアルタイムで表示するサービスを開発する。

[ITmedia]

 JR九州とNTTドコモは1月25日、AR(拡張現実)技術を活用し、風景に合わせた観光情報を車窓にリアルタイムで表示するサービスを開発すると発表した。タッチや音声などで操作できるようにし、鉄道旅行の満足度を向上させるという。2020年のサービス実用化を目標に、継続的な取り組みを行うとしている。

photo 列車の窓に観光情報を表示するサービスのイメージ=NTTドコモのニュースリリースより

 まず、今春から肥薩線人吉駅〜吉松駅区間を走行する観光列車「いさぶろう・しんぺい」の車内で、列車の走行位置に応じ、観光情報やARコンテンツをタブレット端末上に表示する実証実験を行う。タブレット端末は、両社が乗客に貸し出す。

 取り組みには、技術面の共同検討パートナーとしてゼンリンデータコムが参加する。

photo

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.