ITmedia NEWS > 速報 >
ニュース
» 2019年01月28日 09時17分 公開

Microsoft、PostgreSQLデータベースをスケールアウトできる「Citus Data」を買収 「オープンなプラットフォームの構築にコミット」

米Microsoftが、Citus Dataを買収。同社はPostgreSQLをスケールアウト可能な分散データベースに変えられるOSSを提供している。

[ITmedia]

 米Microsoftは1月24日(現地時間)、PostgreSQLをスケールアウト可能な分散データベースに変えられるオープンソースソフトウェア(OSS)を提供しているスタートアップ、Citus Dataを買収したと発表した。Microsoft Azure上で提供するPostgreSQLのサービスの機能強化を図る。

 PostgreSQLデータベースを含むリレーショナルデータベース(RDB)は一般に、リードレプリカを作成して分散処理を行う以上の負荷分散機能を備えていない場合が多い。しかしCitus Dataは、PostgreSQLのデータベースエンジンを拡張して分散処理を可能にし、スケールアウトできるソフトウェアを提供している。

「オープンなプラットフォームの構築にコミットしてきた」

 Microsoftは「(これまでも)顧客のさまざまなニーズに応えるテクノロジーの選択肢として、オープンなプラットフォームの構築にコミットしてきた」という。昨年、GitHubを買収した際、同社は「Microsoftは開発者ファーストの企業。GitHubと協力し、開発者の自由、オープン性、革新へのコミットメントを強める」とも説明していた。

 Citus Dataの買収も、こうした投資の一環という。Microsoftは「Citus Dataと一緒に、重要なエンタープライズ向けの機能をAzureからPostgreSQLへと提供すると同時に、クリティカルなPostgreSQLワークロードの実行をAzure上で自信を持って実現していく」としている。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.