ITmedia NEWS > 速報 >
ニュース
» 2019年01月30日 21時11分 公開

全く新しいビートルズ映画「Let It Be」制作中 ピーター・ジャクソン監督で

[松尾公也,ITmedia]

 長いことLet It Beされていたビートルズ最後の日々がついにGet Backされる。Don`t Let Me Downになるわけがない。

 1970年に公開されたビートルズの映画「Let It Be」はメンバー間の対立と最後の「ルーフトップコンサート」を描いたドキュメンタリーだった。劇場公開とテレビ放映後、VHS、Betamax、レーザーディスクなどで商品化されたもののその後生産は中止され、現在は中古品以外では入手できない。ロンドンのサヴィル・ロウにあるApple Corps本社屋上でビートルズの4人とビリー・プレストンが演奏し、ジョン・レノンが「オーディションに受かってるといいな」と締めてから50年を経た2019年1月30日、全く新しい「Let It Be」映画の制作が発表された。

photo

 監督は「ロード・オブ・ザ・リング」のサー・ピーター・ジャクソン。1969年1月2日から31日までのスタジオでの様子と屋上ライブを収めた55時間分の映像と140時間分の録音がジャクソン監督の手に渡り、そこから新たな「Let It Be」映画が作り出されることになる。ポール・マッカートニー、リンゴ・スター、ヨーコ・オノ、オリビア・ハリスンが監修する。

 新作映画のタイトルは未定。オリジナルの映画「Let It Be」も新作公開後に修復版が発売される予定だ。

photo ピーター・ジャクソン監督

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.