ITmedia NEWS > ネットの話題 >
ニュース
» 2019年02月08日 07時21分 公開

唐揚げを床に……ビッグエコー店員の不適切動画“再炎上” 第一興商、改めて謝罪

昨年12月に炎上した「ビッグエコー」店員の不適切動画が再び拡散。第一興商が改めて謝罪した。

[岡田有花,ITmedia]

 カラオケチェーン「ビッグエコー」店内の厨房と思われる場所で、店員とみられる人物が唐揚げを床にこすり付けた後フライヤーで揚げる動画が2月6日ごろからTwitterで拡散されて批判を集めた。この動画は昨年12月にも拡散し、ビッグエコー運営元の第一興商が謝罪するなど対応していたものだが、今回、再び拡散したため、同社は7日、改めて謝罪文を公開した。


画像 拡散された動画より
画像
画像

画像

 この動画は、昨年YouTubeに公開されていたもので、同社は12月6日に謝罪文を公開(PDF)。25日には、警察に被害届を出したことなどを報告する文書を公開していた(PDF)。

 2カ月経った2月6日になって、再びこの動画がTwitterにアップされ、急拡散した。同日には、寿司チェーン「くら寿司」店舗で、ゴミ箱に捨てた魚を拾ってまな板の上に載せる動画が話題になっており、「くら寿司の次はビッグエコーか」などと話題が広がった。

 第一興商は、同社に再び多くの問い合わせがあったとし、7日に改めて謝罪文を公開した。

 過去に話題になった動画をこのタイミングで改めてTwitterにアップした人物の意図は不明だが、「くら寿司」の話題に便乗した動画を拡散させることで、RT数やフォロワー数を集めるといった狙いがあったのかもしれない。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.